(O+P)ut

OutPut Log by SE in SIer



(O+P)ut

OutPut Log by SE in SIer

【AIX】rootvgとは?

スポンサーリンク

rootvg?

AIXでシステム管理をしているとよく耳にする rootvg という用語について簡単に説明します。

一言でいえば、システムをインストールすると作成されるボリュームグループ*1です。

ボリュームグループの一つであるrootvg

rootvgに格納されているデータはシステムディスクに存在します。サーバに搭載されているディスクで、中にはOSを動作させるために必要なソフトウェアが格納されています。もちろん、それ以外のどんなファイルでも格納することができます。

但し、OSから離れたデータ、例えば顧客DBのデータやユーザーファイルは別のボリュームグループに作成するケースがあります。

ボリュームグループを分ける

このようにボリュームグループの分離は、OSのアップデートや再インストールがユーザファイル等に影響を与えないといったメリットがあります。
また、外部ディスクを用いる場合も、rootvgとは分けてボリュームグループを作成することが多いです。

以下の図が分かりやすいですね。
f:id:mtiit:20180924212014p:plain


ちなみに、別のボリュームグループを利用するか否かは設計の自由です。
上の図ではrootvgの物理ディスクは一つですが、新しいディスクを使用する際に

  • rootvgに追加する
  • 別のVGに追加する
  • 新しいVGを作成してそこに追加する

この3つから選択します。

おまけ

実際にrootvgにファイルシステムを作成する流れも記事にしているので興味があればあわせてご覧ください。


以上です。

*1:ボリュームグループ : 一つ以上のハードディスクで構成されるシステム記憶域の単位