(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

エンジニアのアウトプット

【Linux】partedとmkfsでファイルシステムを作成する

スポンサーリンク

はじめに

lsblkでデバイス情報が見える状態でファイルシステムを個別に作成する手順について記載しました。
尚、ディスク全体をファイルシステムに割り当てる想定としています。

環境情報
  • Red Hat Enterprise Linux Server 7.9

パーティション作成

xvdcというパーティションが切られていないディスクがあることを確認し

# lsblk
NAME    MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
xvda    102:0    0  25G  0 disk
├─xvda1 102:1    0   1G  0 part /boot
└─xvda2 102:2    0  24G  0 part /
xvdb    102:16   0   2G  0 disk
└─xvdb1 102:17   0   2G  0 part [SWAP]
xvdc    102:112  0  100M  0 disk

以下でラベルを付与します。この状態ではlsblkは変化しません。

# parted -s /dev/xvdc 'mklabel msdos'

ここで以下にてパーティションを作成すると

# parted -s /dev/xvdc 'mkpart primary 0% 100%'
Warning: The resulting partition is not properly aligned for best performance.

lsblkコマンドの結果が変化してパーティションが作成されます。

# lsblk
NAME    MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
xvda    102:0    0  25G  0 disk
├─xvda1 102:1    0   1G  0 part /boot
└─xvda2 102:2    0  24G  0 part /
xvdb    102:16   0   2G  0 disk
└─xvdb1 102:17   0   2G  0 part [SWAP]
xvdc    102:112  0  100M  0 disk
└─xvdc1 102:113  0  100M  0 part

ファイルシステムを作成

以下でファイルシステムが作成されて

# mkfs.ext4 /dev/xvdc

標準出力にエラーがないことを確認します。

mke2fs 1.42.9 ...
warning: 15 blocks unused.

Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=1024 (log=0)
Fragment size=1024 (log=0)
Stride=0 blocks, Stripe width=0 blocks
... inodes, ... blocks
... blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=1
Maximum filesystem blocks=...
8 block groups
8192 blocks per group, 8192 fragments per group
...inodes per group
Superblock backups stored on blocks: ...
Allocating group tables: done
Writing inode tables: done
Creating journal (... blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done

ここまで行うとマウントを行うためにUUIDを確認した上で

# blkid -o list
device                  fs_type    label       mount point                 UUID
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
...
/dev/xvdc               ext4                   (not mounted)               XXX

同情報を/etc/fstabに記載した上でmountすると

# mount -a

dfコマンドでファイルシステムが確認できます。

終わりに

論理ボリュームを作成する場合はpvcreate、vgcreate 、lvcreateを行いますがこれらが不要であるケースでは上記のように簡単な手順で作成できます。

以上です。


他の記事を読む