(O+P)ut

OutPut Log by SE in SIer



(O+P)ut

Output Log by SE

【ネットワーク】OSPFの4種類のLSA

スポンサーリンク

LSAとはなんぞや

LSAとはLink State Advertisementの略でOSPFで用いられるネットワークの経路情報です。

本記事ではその4つについて簡単に解説します。

Router-LSA

全てのルータが作成します。値としては、各ルータのIPアドレスなどを格納しています。

Network-LSA

代表ルータのみが作成します。各ルータのIDなどを格納しています。

Summary-LSA

エリア間に位置するルータのみが作成します。エリアのネットワークアドレスなどを格納しています

AS-External-LSA

AS間に位置するルータのみが作成します。OSPFを採用していないネットワークアドレスなどを格納しています。

補足

OSPFとは、Open Shortest Path Firstの略で、特徴はエリアという考えを設けることで不要のルーティング情報のやりとりを軽減しています。

例えば、エリア外の経路はエリアの境界にあるルータからの距離しか分からないようにしています。
-


他の記事を読む