(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

エンジニアのアウトプット

(メモ)VyOSとVyattaの違い

スポンサーリンク

はじめに

本記事ではvyosやvyattaという用語を耳にしたものの「vyosとは?」「vyattaとは?」ということで調べていた時のことをメモに残しておきます。ちなみに読み方ですが「ブイワイオーエス/ワイオス」「ビアッタ」です。

ソフトウェアルータ

VyOSとVyattaはOSライクなレイヤーの用語で、同製品を入れたマシンはルータ機能を提供します。

その中でVyOSはオープンソースで開発されているネットワークOSであり、Vyattaの無償版であるVyatta Coreが元になっています。

一方でVyattaは米国AT&T社のメンバーにて開発が進められているソフトウェアルータ(Vyatta VRouter)。もともとはSANスイッチなどを製造するBrocade社からAT&T社が買収したのが2017年でそこからはAT&Tが同製品を展開しています。

AT&T acquired the Vyatta assets of Brocade Communications, including the Vyatta vRouter in June 2017.

その実体はDebianベースのOSであり、そこにルーティングを担うデーモンやファイアウォールを動作させています。
そしてコマンド構文にはモードという概念があり、その点はシスコスイッチに似ています。

終わりに

オープンソースライクなのがVyOSで商用利用で採用されるのがVyattaという違いです。
実際、IBMCloudではアプライアンス機器としてVyatta搭載のルータが利用できます。

以上、ご参考になれば幸いです。


他の記事を読む