(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

エンジニアのアウトプット

【JP1/AJS3】Managerのインストール/初期構築の流れ

スポンサーリンク

はじめに

ジョブスケジューラのJP1構築の参考として

  • Linux側にJP1/Base&Jp1/Managerをインストール
  • Windows側にViewをインストール
  • ViewからManagerに接続

を実施した流れを記載します。

環境情報
  • JP1AJS_1260L01
  • JP1AJS_1260W01

Manager(Linux)側のインストール

モジュール(JP1AJS_1260L01_P1.iso)を配置した上で展開し、以下のディレクトリにあるLINUX/SETUPからインストールを行います。

# find JP1AJS_1260L01_P1 | grep -i setup
JP1AJS_1260L01_P1/LINUX/SETUP
JP1AJS_1260L01_P1/X64LIN/SETUP

尚、環境によってはJP1/Baseインストール時に以下のモジュール不足でエラーとなる場合があります。

$ yum install libstdc++.i686
$ yum install libuuid.i686

JP1/Base,JP1/Managerのインストールが成功するとSETUP後の画面にL) List Installed Software.にて以下のように表示されます。

    PP-No.         VR        Install date     PP-NAME
001 P-812C-6LCL    125004(T) ... JP1/Base
002 P-CC8112-4KCL  1260  (T) ... JP1/AJS3 - Manager

Manager(Linux)側の初期設定

JP1/Baseにて認証サーバの登録として自身のホスト名を追加した上で

$ /opt/jp1base/bin/jbssetusrsrv test

JP1/Base(イベントサービス,ユーザー管理機能を含むプロセス管理機能,ログファイルトラップ管理デーモン)を起動します。

$ /etc/opt/jp1base/jbs_start.model
Please wait a minutes, now starting JP1/Base...
KAJP1001-I test: The event server will now start.
KAJP1002-I test: The event server is ready.
KAVA3400-I The log-file trap management daemon will now start.
KAVB3690-I Processing to report the status of JP1_BASE has started.
Display the running processes
process name  process ID
     jbscomd      49823
    jbsroute      49824
      jcocmd      49825
jbssessionmgr      49826
   jbsplugin      49827
      jbshcd      49828
  jbshchostd      49829
   jbssrvmgr      49860
    jbslcact      49861
KAVB3691-I All the processes have started.

続いてManagerの起動は以下で実施します。

$ /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd

尚、それぞれの起動確認は以下で行えます。

# JP1/Base
$ /opt/jp1base/bin/jbs_spmd_status
# JP1/Manager
$ /opt/jp1ajs2/bin/jajs_status

View(Windows)側のインストール

モジュール(JP1AJS_1260W01_P1.iso)を配置した上で展開し、JP1AJS_1260W01_P/HCD_INST.EXEを実行します。
GUIのインストーラが起動し、その中でユーザ名/所属を入力する欄があるので任意のユーザ名を入れて「次へ」をクリックするとインストールが完了。その後に手動で再起動します。

再起動後は以下のようにJP1の関連アプリケーションがインストールされているので

JP1View
ジョブシステム運用を実行し、ホスト名(IPアドレス)、ユーザ名jp1admin、パスワードjp1adminとして接続すれば以下の画面が開きます。
デフォルト設定での画面

終わりに

JP1/AJS3 V12を動かすための初期設定を実施した流れを記載しました。同ツールは評価版として期間限定でも利用できるので、気になる方は参考にインストールしてみてください。

以上。


他の記事を読む