(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

エンジニアのアウトプット

【Windows】Javaのバージョンが32bitか64bitかを確認する

スポンサーリンク

はじめに

一つの端末に複数のJRE環境を持つことはありますが、バージョンを確認したいことがあると思います。

本記事ではWindowsにてJavaが32ビットか64ビットかを確認する手順について解説します。


Javaの詳細バージョンを確認する

コマンドプロンプトでの手順とウインドウ操作による手順の二つを記載しました。

コマンドプロンプトで確認する

手順としてはjava.exeが存在するディレクトリに移動して

java.exe -version

を実行します。

例えば64bitのJavaであれば以下のように64-Bitという文言が確認でき

C:\P...\jre\bin>java.exe -version
java version "XXX"
Java(TM) SE Runtime Environment (build XX - XX (XX))
Java VM (build XX, JRE XX Windows 10 amd64-64-Bit ...
...

32bitのJavaであれば以下のように32-Bitという文言が確認できます。

C:\N...\jre\bin\>java.exe -version
java version "XXX"
Java(TM) SE Runtime Environment (build XX - XX (XX))
Java VM (build XX, JRE XX Windows 10 x86-32-Bit ...
...

ウインドウ操作で確認する

java.exeが存在するディレクトリに存在するjavacpl.exeをダブルクリックすればJavaコントロールパネルが開き、Javaタブの中にある「JavaアプリケーションおよびアプレットのJavaランタイム・バージョンと設定の表示および管理を行います。」という文言の箇所をクリックすれば以下のように記載があります。

f:id:mtiit:20191210145818p:plain
アーキテクチャにて確認できる

右側にあるアーキテクチャに「64」という文言があるか否かは上記の64か32かの結果と一致しています。

終わりに

JREに依存するアプリケーションによっては、Javaが32bitでは動かなかったり逆も然りなケースがあります。
トラブルシューティングのために、自分が使っているJavaのバージョンを確認する手順を覚えておくと、どこかで役立つと思います。ご参考になれば幸いです。


他の記事を読む