(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

Output Log

【VSCode】SpringBootのサンプルアプリの動作確認

スポンサーリンク

はじめに

VisualStudioをIDEとしてSpringBootのサンプルアプリの動作確認までの流れを説明しています。
バージョンは以下なので同様の環境の方は参考にしてください。

  • Windows 10
  • Visual Studio Code 1.42

事前準備

以下の2つは事前にVSCode上でインストールしてください。

f:id:mtiit:20200219195039p:plain
Springboot関連の拡張をインストールする

SpringBootのプロジェクトを作成する

Java Overviewにある「Create Spring Boot project 」を押下すると

  • Maven Project / Gradle Project の選択を求められるので今回はビルドシステムとして「Maven」を選択し
  • Input group id for your project を求められるので任意の値(またはデフォルト)を入力し
  • Input Artifact id for your project を求められるので任意の値(またはデフォルト)を入力し
  • Specify Spring boot version を選択し、最後にディレクトリ名を選択

今回はディレクトリ名を「sptest」、グループID等はデフォルトの値としました。以下のようなファイル群が自動的に用意されます。

sptest/
└── demo
    ├── HELP.md
    ├── mvnw
    ├── mvnw.cmd
    ├── pom.xml
    ├── src
    │   ├── main
    │   │   ├── java
    │   │   │   └── com
    │   │   │       └── example
    │   │   │           └── demo
    │   │   │               └── DemoApplication.java
    │   │   └── resources
    │   │       └── application.properties
    │   └── test
    │       └── java
    │           └── com
    │               └── example
    │                   └── demo
    │                       └── DemoApplicationTests.java
    └── target
        ├── classes
        └── test-classes

Spring Bootを起動する

画面左側に以下のようなダッシュボード機能があるので「Start」させます。

f:id:mtiit:20200219195533p:plain
STOP状態

そうするとデバック画面に以下のような出力があります。

  .   ____          _            __ _ _
 /\\ / ___'_ __ _ _(_)_ __  __ _ \ \ \ \
( ( )\___ | '_ | '_| | '_ \/ _` | \ \ \ \
 \\/  ___)| |_)| | | | | || (_| |  ) ) ) )
  '  |____| .__|_| |_|_| |_\__, | / / / /
 =========|_|==============|___/=/_/_/_/
 :: Spring Boot ::        (v2.2.4.RELEASE)

..  INFO 23772 --- [           main] com.example.demo.DemoApplication         : Starting DemoApplication on XX with PID 23772 (C:\Users\XX\sptest\demo\target\classes started by XX in c:\Users\XX\sptest\demo)
..  INFO 23772 --- [           main] com.example.demo.DemoApplication         : No active profile set, falling back to default profiles: default
..  INFO 23772 --- [           main] com.example.demo.DemoApplication         : Started DemoApplication in 1.332 seconds (JVM running for 3.246)

Controllerを用意する

今回は/helloとURLを叩くと「HelloWorld」と表示させるサンプルアプリを作成します。

DemoApplication.javaがある同じディレクトリ配下に「Helloworld.java」を用意して以下をコピペしてください。

package com.example.demo;
import org.springframework.boot.autoconfigure.EnableAutoConfiguration;
import org.springframework.stereotype.Controller;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;
import org.springframework.web.bind.annotation.ResponseBody;
@Controller
@EnableAutoConfiguration
public class Helloworld {
    @RequestMapping("/hello")
    @ResponseBody
    private String hello(){
        return "Hello World!";
    }
}

import文のエラーを解消する

デフォルトでは以下のエラーが出ます。

The import .. cannot be resolved vscode

今回利用している「import org.springframework.web...」部分にパスが通っていないことが原因です。

ここを解消するために以下文言を pom.xml に追記してください。
追加する場所はdependenciesの間です。

<dependency>
<groupId>org.springframework.boot</groupId>
<artifactId>spring-boot-starter-web</artifactId>
</dependency>

これによってSpring BootのWebアプリケーションライブラリの利用を宣言できます。

初めての修正であれば以下のような文言が画面に出ますが、その場合は「OK」を選択してください。

A build file was modified. Do you want to synchronize the Java classpath/configuration?

ビルドする

エラーがないかどうかの確認のためにMAVEN PROJECTSにある「demo」を右クリックして「validate」を行います。

ターミナルにて「BUILD SUCCESS」が表示されれば成功です。

PS C:\Users\XX\sptest\demo> & "c:\Users\XX\md" validate -f "c:\Users\XX\sptest\demo\pom.xml"
...
[INFO] BUILD SUCCESS
...

動作確認

demoを「Start」して起動している状態でブラウザにて以下のURLを入力すると

http://localhost:8080/hello

以下のように表示されます。

f:id:mtiit:20200219201231p:plain
サンプルアプリの動作検証


curlコマンドでも同様の結果が確認できます。

$ curl http://localhost:8080/hello
Hello World!

終わりに

VisualStudioCodeにおけるSpringBootのサンプルアプリ動作のチュートリアル記事がなかったので、今回はメモしておきました。
ご参考になれば幸いです。


他の記事を読む