(O+P)ut

ITエンジニアのアウトプット録



(O+P)ut


Google Compute Engine とは?

Google Compute Engine

Google Compute Engineとは、Google社が提供するInfrastructure as a Service(IaaS)です。

もともとGoogle App EngineというPaaSを提供していた実績を引っさげて、インフラまで含んで提供しています。

入門記事ということで、XaaSの違いを以下に示しておきます。
f:id:mtiit:20190211195222p:plain
SaaS vs PaaS vs IaaS: What’s The Difference and How To Choose – BMC Blogs から画像を抜粋

IaaSということでOSから利用者が選定でき、多くのLinuxディストリビューションやWindowsServerが対応されています。

グローバルシェアに関してですが、パブリッククラウドにおいてはAmazonが提供するAWSが圧倒的な1位、続いて、マイクロソフト,アリババ,IBMといった顔ぶれにGoogleも並んでいる形です。

では、Google Compute Engine(=GCE)の強みはなんでしょうか。

GCEの強み

GCEの公式ページには、セキュリティ対策や世界規模のインフラとネットワーク網が提供できること、など多々挙げられていますが、一番の強みは上に載せるアプリケーションだと思います。

例えば、Google社が開発している機械学習ディープラーニング技術はGCEでも提供されています。
Google自体がデータビジネスである以上、この分野の開発はトップスピードで行われており、その恩恵をサービスとして利用できるという強みです。

Googleクラウドにて提供されているプロダクトをText2Mindmapで可視化しました。
(記事執筆時にアジアで提供されているもの)
f:id:mtiit:20190211193457p:plain

ジャンルとして「機械学習ビッグデータ」という項目を用意していることからもGoogleの自信が伺えます。

まとめ

GoogleComputerEngine、略してGCEとしてインフラエンジニアにおいては耳にする機会があると思います。
有効期間内であれば無料で利用できるので、私も触ってみようと思います。

以上、Googleパブリッククラウドに関する入門記事でした。