(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

OutPut Log

【MotionPro】複数の接続先を切り替えれるVPNツールのセットアップ方法

スポンサーリンク

はじめに

Array NetworksのMotionProは"モバイルデバイス上のビジネスアプリケーションを利用する際のセキュリティを高めるとともに、柔軟できめ細やかな管理性と円滑な操作性を提供"するというデスクトップアプリです。

主な機能にセキュアブラウザやデバイスの管理の他に、「VPN接続の管理機能」があります。

本記事ではMotionProを利用してVPNサーバに接続する流れを解説します。

環境情報
  • Windows 10.0.18363
  • MotionPro for Windows 1.2.4

インストール手順

インストーラを取得すると以下のようなファイル構成ですが

$ tree
.
└── MotionProSetup_win64
    ├── application.ico
    ├── connected.ico
    ├── disconnected.ico
    ├── license.txt
    ├── logo.bmp
    ├── motionpro_templete.ini
    ├── MotionProSetup_x64.exe
    ├── OEM.ini
    ├── OEM_Help.pdf
    └── reconnecting.ico

その中の「MotionProSetup_x64.exe」を実行すると以下のセットアップ画面が開きます。
f:id:mtiit:20200724174527p:plain

インストールを進めると以下のように「C:\Program Files\Array Networks」配下にインストールが始まります。
f:id:mtiit:20200724174633p:plain

以下画面となるとセットアップが終了です。
f:id:mtiit:20200724174713p:plain

起動ファイルの実体は以下のパスにあります。

C:\Program Files\Array Networks\MotionPro VPN Client\MotionPro.exe

VPN情報の設定手順

起動ファイルを開くと[追加]というボタンがあるのでそれを押下すれば以下画面が出てきます。
f:id:mtiit:20200724174821p:plain

ここにある通りでVPNサーバのIPアドレスまたはホスト名、そしてユーザ名&パスワードを入れます。

また、高度な認証として以下も用意されています。

  • 証明書
  • Web Portal
  • SMS
  • SMX
  • Syferlock
  • RSAトークンオートメーション

VPN接続の確認

サイトを登録すれば「接続」を行うことでVPN接続が完了します。

コマンドにてipconfigを押下すれば以下のようにインターフェースが作成され

$ ipconfig
...
PPP アダプター Array Networks SSL VPN:
   接続固有の DNS サフィックス . . . . .:
   IPv4 アドレス . . . . . . . . . . . .: 10.2.224.154
   サブネット マスク . . . . . . . . . .: 255.255.255.255
   デフォルト ゲートウェイ . . . . . . .:

ルーティングテーブルもVPNを考慮したものになっています。

$ route print
...
IPv4 ルート テーブル
===========================================================================
アクティブ ルート:
ネットワーク宛先        ネットマスク          ゲートウェイ       インターフェイス  メトリック
          0.0.0.0          0.0.0.0      192.168.1.1    192.168.1.100     75
         10.0.0.0        255.0.0.0       10.2.224.1     10.2.224.154     10
...

終わりに

複数のVPN接続先をGUI上から切り替えることができるのでかなり重宝しています。

以上、ご参考になれば幸いです。


他の記事を読む