(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

OutPut Log

【PowerSystems】内蔵ディスクの状況照会を行う

スポンサーリンク

やりたいこと

PCIeアダプターを通さずに直接接続されているドライブの状況を確認したい。

環境情報
  • Power8

やり方

mvcliコマンドを用いて対話的に情報を取得する。

具体的には対話モードに切り替わった後にinfo -oで照会でき、例えば以下は論理的にディスク情報であればvd、物理ディスク情報であればを取得する流れとなります。

以下、補足です。

補足

コマンドの実行結果は以下となります。Power系だけでなくHMCといったLinux系でもコマンドが入っています。

mvcli
> info -o vd
Virtual Disk Information
-------------------------
id:                  0
name:                Disk
status:              online
stripe size:         64
RAID mode:           RAID1
Cache mode:          off
size:                xx M
BGA status:          N/A
Block ids:           0 4
# of PDs:            2
PD RAID setup:       0 1

Total # of VD:       1

物理ディスクを見たい場合はvdpdに変更します。

> info -o pd
Physical Disk Information
----------------------------
Adapter:             0
PD ID:               0
Type:                SATA PD
Linked at:           HBA port 0
Size:                .. K
Write cache:         supported (on)
SMART:               supported (on)
NCQ:                 supported (on)
48 bits LBA:         supported
supported speed:     1.5 3 6 Gb/s
Current speed:       6 Gb/s
model:               ...
Serial:              ...
Firmware version:    SN05
Locate LED status:   off
block ids:           0
associated VDs:      0
PD valid size:       0 K

Adapter:             0
PD ID:               0
Type:                SATA PD
Linked at:           HBA port 1
Size:                ... K
Write cache:         supported (on)
SMART:               supported (on)
NCQ:                 supported (on)
48 bits LBA:         supported
supported speed:     1.5 3 6 Gb/s
Current speed:       6 Gb/s
model:              ...
Serial:              ...
Firmware version:    ...
Locate LED status:   off
block ids:           0
associated VDs:      0
PD valid size:       0 K

Total # of PD:       2

ハードウェア周りのトラブル調査でも使えるコマンドとなるのでメモしておきます。


他の記事を読む