(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

OutPut Log

【入門】Node.jsでMongoDBに値を書き込むハンズオン(前編)

スポンサーリンク

はじめに

以下の記事でも触れたようにJSON形式で価を保持するMongoDBはNode.jsと相性がよいためサービスの組み合わせでもよく見られます。

本記事ではUbuntu環境に1からインストールを行い、Node.jsプログラムからMongoDBにドキュメントを挿入する流れを紹介します。

環境情報
  • Ubuntu : 20.04
  • Node.js : v10.19
  • MongoDB : v3.6

Ubuntuはコンテナ上で立ち上げました。

$ docker run -ti ubuntu

Node.jsのインストール


以下でNode.js本体とパッケージインストーラのnpmがインストールできます。

# apt install -y nodejs npm

以下でバージョンが確認でき

# node --version
v10.19.0

「console.log("Hello");」とだけ記載したファイルを作成してnodeコマンドで実行すると

# node test.js
Hello

標準出力に表示されます。

また、以下のように記載することでポート8080で待ち受けるサービスとして常駐させることもできます。

var http = require('http');
var server = http.createServer(function(req, res) {
          res.write("HTTP Request!\n");
          res.end();
}).listen(8080);

以下コマンドで実行すれば

# node httptest.js &

8080番ポートが空いていることが確認でき

# lsof -i
COMMAND  PID USER   FD   TYPE   DEVICE SIZE/OFF NODE NAME
node    7924 root   20u  IPv6 15939768      0t0  TCP *:http-alt (LISTEN)
# cat /etc/services  | grep http-alt
http-alt        8080/tcp        webcache        # WWW caching service

curl localhost:8080で値が返ってきます。

MongoDBのインストール

以下でインストールが行え

# apt install -y mongodb

以下で起動できます。

# service mongodb status
 * Checking status of database mongodb                          [fail]
# service mongodb start
 * Starting database mongodb                                    [ OK ]
# service mongodb status
 * Checking status of database mongodb                          [ OK ]

接続はmongoコマンドで行え

# mongo
MongoDB shell version v3.6.8
connecting to: mongodb://127.0.0.1:27017
Implicit session: session { "id" : UUID("53637c76-df60-42f6-b0a3-4246ddd74891") }
MongoDB server version: 3.6.8
Welcome to the MongoDB shell.

以下でtestというDBを作りuserというコレクションにドキュメントを一行insertできます。

> use test
> db.user.insert({name:'taro', age:15});

切断はexitコマンドです。

終わりに

これでNode.js及びMongoDBのインストールおよび動作確認が行えました。

後編で実際にNode.jsから値を書き込みます。


他の記事を読む