(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

OutPut Log

【MongoDB】WiredTiger has failed to open its metadata RawというErrorメッセージ

スポンサーリンク

事象

KubernetesにてMonogoDBを起動するも以下メッセージがPodのログに残った状態でSTATUSがErrorとなる。

 I STORAGE  [initandlisten] wiredtiger_open config: create,cache_size=7505M,cache_overflow=file_max=0M),session_max=20000,eviction=(threads_min=4,threads_max=4),config_base=false,statistics=(fast),log=enabled=true,archive=true,path=journal,compressor=snappy),file_manager=(close_idle_time=100000),statistics_log=(wait=0),verbose=(recovery_progress),
 E STORAGE  [initandlisten] WiredTiger error (-31802) [1602749311:621018][1:0x7f3d97bcaa80], file:WiredTiger.wt, connection: __wt_btree_tree_open, 571: unable to read root page from file:WiredTiger.wt: WT_ERROR: non-specific WiredTiger error Raw:[1602749311:621018][1:0x7f3d97bcaa80], file:WiredTiger.wt, connection: __wt_btree_tree_open, 571: unable to read root page from file:WiredTiger.wt: WT_ERROR: non-specific WiredTiger error
 E STORAGE  [initandlisten] WiredTiger error (0) [1602749311:621082][1:0x7f3d97bcaa80], file:WiredTiger.wt, connection: __wt_btree_tree_open, 577: WiredTiger has failed to open its metadata Raw: [1602749311:621082][1:0x7f3d97bcaa80],file:WiredTiger.wt, connection: __wt_btree_tree_open, 577: WiredTiger has failed to open its metadata
環境情報
  • MongoDB v4.0

原因

MongoDBを動かす際に/data/dbへ割り当てる容量が少ない。

 spec:
      accessModes:
        - ReadWriteOnce
      resources:
        requests:
          storage: 1Gi
      storageClassName: hoge

上記をstorage: 20Giに変更したところ正常に起動した。

以下、補足です。

補足

MongoDBはデータベース情報を別のストレージにマウントしない場合、以下のようにバックアップを取っていない場合はデータが消えてしまいます。

今回は volumeMounts:で/data/dbを指定してストレージにマウントさせようとしましたが、ログにcreate,cache_size=7505Mと記載があったので8G程度ない場合は同様のエラーになる模様です。

以上、ご参考になれば幸いです。


他の記事を読む