(O+P)ut

OutPut Log by SE in SIer



(O+P)ut

Output Log by SE

【RHEL】Haskellをインストールする

スポンサーリンク

目的

RHEL7でHaskellを利用できる環境を用意する。

環境

Google Cloud Platform環境のVMインスタンス

$ cat /etc/os-release
NAME="Red Hat Enterprise Linux Server"
VERSION="7.6 (Maipo)"
$ arch
x86_64

手順

ダウンロード

yumコマンドでインストール可能です。

まずはどのようなパッケージがあるかyum searchで検索すると以下のようにつらつらと表示されます。

# yum search haskell
============================= N/S matched: haskell =============================
emacs-haskell-mode.noarch : Haskell editing mode for Emacs
emacs-haskell-mode-el.noarch : Elisp source files for Haskell-mode under GNU
                             : Emacs
ghc-haskell-platform-devel.x86_64 : Haskell Platform library development files
...
haskell-platform.x86_64 : Standard Haskell distribution
...

その中にあるhaskell-platformをプラットフォームとしてインストールします。

# yum install haskell-platform
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
...
Complete!

動作確認も兼ねてHaskellのインタプリタであるghciを利用します。
ちなみにGlasgow Haskell CompilerのInteractive環境ということでGHCIです。

yumコマンドによるインストールが完了していれば以下パスに実体は存在します。

# which ghci
/usr/bin/ghci

バージョンは7.6.3のようです。

# ls -l /usr/bin/ghci
lrwxrwxrwx. 1 root root ... /usr/bin/ghci -> ghci-7.6.3

ハンズオン

インタプリタを起動すると以下のようにパッケージが読み込まれます。

# ghci
GHCi, version 7.6.3: http://www.haskell.org/ghc/  :? for help
Loading package ghc-prim ... linking ... done.
Loading package integer-gmp ... linking ... done.
Loading package base ... linking ... done.
Prelude>

実際にいくつか試しますが、Haskellを一通り触る上で以下のサイトは参考になります。
Starting Out - Learn You a Haskell for Great Good!

その中で一部抜粋です。

四則演算
Prelude> 2 + 15 * 2 - 10 / 2
27.0
関数の利用
Prelude> succ 9 + max 5 4 + min 6 3
18

ちなみにsuccとは引数に1を足した結果を返す関数です。

関数の自作

ghciでは変数や関数を定義する際にletを利用します。

Prelude> let doubleMe x = x + x
Prelude> doubleMe 3
6

doubleMeという引数を2倍にする関数を作成できます。

終わりに

関数型プログラミングの代名詞とも言えるHaskellですが、RedHatEnterpriseLinuxの場合はyumコマンド一発でインストールできます。

同様のことに興味がある方はぜひ試してみてください。


他の記事を読む