(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

エンジニアのアウトプット

【R言語/Linux】CUIにてグラフをplotコマンドでファイル生成する

スポンサーリンク

はじめに

R言語ではplotコマンドを利用することでグラフを出力できますが

本記事ではサーバサイドで動かすことを想定してDebianでそれらを実施する流れを整理しました。

環境
# R --version
R version 3.3.3 (2017-03-06) -- "Another Canoe"
Copyright (C) 2017 The R Foundation for Statistical Computing
Platform: x86_64-pc-linux-gnu (64-bit)

事前準備

以下でR言語をインストールします。

# apt-get install r-base

コマンドは以下に格納されました。

# which R
/usr/bin/R

今回はグラフに日本語を利用したいので以下のように文字パッケージも合わせてインストールします。

# apt install fonts-noto-cjk

数値のグラフ化

以下のようなtest.rというファイルを用意して

png("sin.png")
plot(sin, type="l", lty=1, xlim=c(-2, 2), ylim=c(-2, 3))

コマンド上から以下を実行すると

# R --vanilla --slave < test.r

カレントディレクトリに以下ファイルが出力されて

# file sin.png
sin.png: PNG image data, 480 x 480, 8-bit colormap, non-interlaced

Windows環境で開くと以下が確認できました。

f:id:mtiit:20210522164751p:plain
plotによって得られる画像ファイル

終わりに

Linuxでpng画像を見たい場合は

# apt-get install jp2a
# apt-get install imagemagick

でツールを落とし、以下でpng>jpgに変換した後に

# convert sin.png sin.jpg

以下でCUIに表示させることもできます。

# jp2a sin.jpg

以上、ご参考になれば幸いです。


他の記事を読む