(O+P)ut

OutPut Log by SE in SIer



(O+P)ut

OutPut Log by SE in SIer

コマンドのみでWASをアンインストールする

スポンサーリンク

コマンドベースでWASをアンインストール

タイトルの通りです。以下の記事で入れたWASをアンインストールをした際のメモとなります。
www.mtioutput.com


全体として、応答ファイルを用いてWASをアンインストールを行い、その後にインストールマネージャーをアンインストール、という流れです。

環境

動作結果等を記載する環境ですが、UNIXとなります。

# uname
AIX
# oslevel
7.1.0.0

インストールされているパッケージは以下のようにimclコマンドで確認可能です。

# /opt/IBM/InstallationManager/eclipse/tools/imcl listInstalledPackaged
com.ibm.cic.agent_XXXX
com.ibm.java.jdk.XXXX
com.ibm.websphere.BASE.XXXX
com.ibm.java.jdk.XXXX
com.ibm.websphere.IHS.XXXX

WAS/IHSのアンインストール

インストールで用いた応答ファイルを加工しました。

構造は、以下となります。

<agent-input>
<variables><\variables>
<server><\server>
<profile><\profile>
<uinstall><\uinstall>
<profile><\profile> #複数ある場合
<uninstall><\uinstall> #複数ある場合
</agent-input>

#複数ある場合とありますが、例えば、WASだけでなくIHS等も一気に消す場合はprofileとuinstallを連ねていきます。

# ./imcl input "アンインストール用の応答ファイルのパス" -log "ログファイルを作成するパス"
/usr/IBM/WebSphere/AppServer ディレクトリから com.ibm.java.jdk.XXXX がアンインストールされました。
/usr/IBM/WebSphere/AppServer ディレクトリから com.ibm.websphere.BASE.XXXX がアンインストールされました。
/usr/IBM/HTTPServer ディレクトリから com.ibm.java.jdk.XXXX がアンインストールされました。
/usr/IBM/HTTPServer ディレクトリから com.ibm.websphere.IHS.XXXX がアンインストールされました。


消去が完了したことは、以下のコマンドで確認します。

# /opt/IBM/InstallationManager/eclipse/tools/imcl listInstalledPackaged
com.ibm.cic.agent_XXXX

インストールマネージャーのパッケージ以外すべて消えました。個別に消したい方はご注意ください。


IIMのアンインストール

こちらですが、/var/ibm/InstallationManager/uninstall配下にあるuninstallcを実行すれば、問題なく消えました。

# /var/ibm/InstallationManager/uninstall/uninstallc
om.ibm.cic.agent_XXXX がアンインストールされました。


以上です。