(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

エンジニアのアウトプット

【RHEL/Docker】yumコマンドでdockerデーモンをインストールする

スポンサーリンク

はじめに

Red Hat Enterprise Linux ServerにてDockerデーモンを動かす際の手順とログを記載しました。
尚、yumを利用しますがオフラインの場合は以下のように別サーバを介して行う必要があります。

環境情報
NAME="Red Hat Enterprise Linux Server"
VERSION="7.9 (Maipo)"

インストール

yum.repos.d配下のファイルに追記するために以下コマンドを押下します。

# subscription-manager repos --enable rhel-7-server-extras-rpms
Repository 'rhel-7-server-extras-rpms' is enabled for this system.

それによって以下ファイルが更新されて

/etc/yum.repos.d/redhat.repo

以下のようにレジストリ情報が追加されます。

...
[rhel-7-server-extras-rpms]
metadata_expire = 1
enabled_metadata = 1
sslclientcert = /etc/pki/entitlement/XX.pem
baseurl = ...

レジストリが追加されれば以下でインストールが始まり

# yum install docker

正常に完了すれば以下の文言が出ます。

...
Installed:
  docker.x86_64 2:1.13.1-208.git7d71120.el7_9
...
Complete!

起動確認

インストール直後は停止しているので

# systemctl status docker
● docker.service - Docker Application Container Engine
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/docker.service; disabled; vendor preset: disabled)
   Active: inactive (dead)
     Docs: http://docs.docker.com

startをかけると起動します。

# systemctl start docker
# systemctl status docker
● docker.service - Docker Application Container Engine
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/docker.service; disabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since ..
     Docs: http://docs.docker.com
 Main PID: 37380 (dockerd-current)
   CGroup: /system.slice/docker.service
           ├─37380 /usr/bin/dockerd-current --add-runtime docker-runc=/usr/libexec/docker/docker-runc-current --def...
           └─37388 /usr/bin/docker-containerd-current -l unix:///var/run/docker/libcontainerd/docker-containerd.soc...
...

ちなみにエラーが出た場合やログを追いたい場合は以下にて確認できます。

# journalctl -fu docker.service

終わりに

コンテナの管理の都合上でDocker単体ではなくKubernetesを利用するケースが多いですが

Dockerだけを入れておけばLinuxだけで完結させることもできます。

以上、ご参考になれば幸いです。


他の記事を読む