(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

エンジニアのアウトプット

【RHEL】snmptrapd.serviceを起動するも"No access configuration"と出力されるエラー

スポンサーリンク

事象

snmptrapdサービスは起動しているも

# systemctl status snmptrapd
▒▒ snmptrapd.service - Simple Network Management Protocol (SNMP) Trap Daemon.
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/snmptrapd.service; disabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since ...
 Main PID: 2097 (snmptrapd)...

/var/log/messageには以下メッセージが出力され続け

..snmptrapd[2247]: No access configuration - droppin

SNMPTrapが受信できない。

環境情報
  • Red Hat Enterprise Linux Server 7.5
  • net-snmp.x86_64 1:5.X.el7_X
  • net-snmp-utils.x86_64 1:5.X.el7_X

原因/解決策

以下設定ファイルにて許可するコミュニティがコメントアウトされている。

/etc/snmp/snmptrapd.conf

デフォルトでは以下となっているため

# authCommunity   log,execute,net public

以下に変更する。

authCommunity   log,execute,net public

また、複数行記載することで複数のコミュニティ名を受け付けることが可能。
以下、補足です。

補足

Trap通知を受け取るためにsnmptrapd.serviceを起動すると以下のように162ポートが開いて待受状態になりますが

# netstat -apn | grep 162
udp        0      0 0.0.0.0:162             0.0.0.0:*                           2247/snmptrapd

/etc/snmp/snmptrapd.confの設定ファイルのコメントアウトを外さないと同エラーとなります。

コメントアウトを外してサービスを再起動後、試しにESXiよりテストトラップを送信すると以下のように受信ができました。

..snmptrapd[3875]: xx (via UDP: [xx]:59758->[yy]:162) TRAP, SNMP v1, community public#012#011SNMPv2-MIB::snmpTraps Warm Start Trap (0) Uptime: xx

以上、ご参考になれば幸いです。


他の記事を読む