(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

エンジニアのアウトプット

【MongoDB】RECOVERING状態のmemberを強制的に復旧させる

スポンサーリンク

事象

レプリケーションの状態が以下のようなmemberが存在し

"state" : 3,
"stateStr" : "RECOVERING",
...
"lastHeartbeatMessage" : "",...

以下のエラーにて事象が解消しない。

REPL     [rsBackgroundSync] sync source candidate: xx
REPL     [replication-0] We are too stale to use xx as a sync source. Blacklisting this sync source because our last fetched timestamp: Timestamp xx is before their earliest timestamp: Timestamp(xx) for 1min until: xx

尚。時刻同期が疑われるメッセージが出ているが各サーバの時刻は同期している。

環境情報
  • Mongo v4.0

解決策

PRIMARYより以下でmemberから切り離し

 rs.remove("xx")

RECOVERING状態のデータ領域をファイルシステム上からrmコマンドで削除。
削除後に再度memberに追加し

rs.add("xx")

RECOVERING状態のMongoプロセスを再起動すると復旧。

以下、補足です。

補足

上記を実践しました。

すると以下のように新規セッションが別のmemberから発生して

REPL     [initandlisten] Initialized the rollback ID to 1
REPL     [initandlisten] Did not find local replica set configuration document at startup;  NoMatchingDocument: Did not find replica set configuration document in local.system.replset
NETWORK  [initandlisten] waiting for connections on port 27017
NETWORK  [listener] connection accepted from xx #1 (1 connection now open)
...

続いて以下のようにレプリケーションが走り

REPL     [replexec-0] transition to STARTUP2 from STARTUP
REPL     [replexec-0] Starting replication storage thread

レプリケーションが完了すると以下のように復旧しました。

REPL     [replication-1] transition to RECOVERING from STARTUP2
REPL     [replication-1] Starting replication fetcher thread ...
REPL     [rsSync-0] Starting oplog application
REPL     [rsSync-0] transition to SECONDARY from RECOVERING

以上、ご参考になれば幸いです。


他の記事を読む