(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

エンジニアのアウトプット

【Vyatta】冗長構成としてのVRRPを有効化する流れ

スポンサーリンク

やりたいこと

VyattaにてVRRPを有効化したい。

環境情報
  • Debian 4.19.150-0vyatta1

やり方

以下のように定義を入れた状態で

set interfaces bonding test0 vrrp vrrp-group 1 disable
set interfaces bonding test0 vrrp vrrp-group 1 preempt false
set interfaces bonding test0 vrrp vrrp-group 1 priority XXX
set interfaces bonding test0 vrrp vrrp-group 1 rfc-compatibility
set interfaces bonding test0 vrrp vrrp-group 1 sync-group vgroup1
set interfaces bonding test0 vrrp vrrp-group 1 virtual-address X.X.X.X

両系で以下の変更を実施すると

# delete interfaces bonding test0 vrrp vrrp-group 1 disable

Master系では以下のようにヒュ時され

$ show vrrp
                                 RFC        Addr   Last        Sync
Interface         Group  State   Compliant  Owner  Transition  Group
---------         -----  -----   ---------  -----  ----------  -----
test0          1      MASTER  dp0vrrp1   no     ...       <none>

Backup系では以下のように表示される。

$ show vrrp
                                 RFC        Addr   Last        Sync
Interface         Group  State   Compliant  Owner  Transition  Group
---------         -----  -----   ---------  -----  ----------  -----
test0          1      BACKUP  dp0vrrp1   no     ...       <none>

また、同状態となれば、virtual-addressのIPに接続するとMASTER側に接続ができる。

以下、補足です。

補足

VRRPのハートビート情報は下記から確認が可能で、Master側であればSentが増え、Backup側であればReceivedが増加します。

$ show vrrp statistics
--------------------------------------------------
Interface: test0
--------------
  Group: 1
  ----------
  Advertisements:
    Received:                   ...
    Sent:                       ...
...

尚、Master側にてVRRPのグループIDを指定して以下コマンドを押下すると

$ reset vrrp master interface test0 group 1

標準出力に以下が表示された上で通信断無しで片方側がMasterとなります。

vrrp group 1 on test0 is in sync-group vgroup1
Forcing vyatta-test0-1 to BACKUP...

以上。


他の記事を読む