(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

OutPut Log

【Kubernetes】PodTheNodeHadCondition: [DiskPressure] というメッセージの注意点

スポンサーリンク

事象

Podを起動するもSTATUSがEvictedとなっておりdescribeで詳細を確認すると以下メッセージで起動に失敗している。

Status : Failed
Reason : Evicted
Message : Pod The node had condition: [DiskPressure].

ただし展開しようとしているNodeのディスク領域には十分空きがある。

環境情報
  • kubectl 1.15

原因

該当のPodのyamlにてspec.nodeNameにてMasterノードを指定していたため、node-role.kubernetes.io/master:NoScheduleというTaintsによってPodが起動できなかった。

以下、補足です。

補足

以下の記事にも記載したnodeNameの指定ですが

Masterノードを指定すると同エラーにて展開ができなくなります。
ただし以下を指定すれば問題なく展開されます。

tolerations:
      - key: node-role.kubernetes.io/master
        effect: NoSchedule

つまり、[DiskPressure]という文言はあるもののTaint関連によってNodeがアサインされなかった場合にも同メッセージになることがあるので同様の事象に遭遇した方は参考ください。


他の記事を読む