(O+P)ut

OutPut Log by SE in SIer



(O+P)ut

Output Log by SE

【Debian9】Go言語をインストールする

スポンサーリンク

目的

Debian GNU/Linux 9でGolangを利用できる環境を用意する。

環境

Google Cloud Platform環境のVMインスタンス

$ cat /etc/os-release
PRETTY_NAME="Debian GNU/Linux 9 (stretch)"
NAME="Debian GNU/Linux"
VERSION_ID="9"
VERSION="9 (stretch)"
ID=debian
HOME_URL="https://www.debian.org/"
SUPPORT_URL="https://www.debian.org/support"
BUG_REPORT_URL="https://bugs.debian.org/"
$ arch
x86_64

手順

メディアのダウンロード/配置

GooglePlatformを利用しているのであれば、Google開発言語の一つであるGo言語をインストールしたいものです。

まずはGo言語のパッケージを以下の公式サイトよりダウンロードします。
https://golang.org/dl/
Linux / x86 ということで「goX.XX.X.linux-amd64.tar.gz」を選択します。

ターミナルを用いてサーバ上に配置します。

サーバ上で/usr/lobal配下に展開しました。

$ sudo tar -C /usr/local -xzf goX.XX.X.linux-amd64.tar.gz

goディレクトリができています。

$ ls -d /usr/local/go
/usr/local/go

$ ls /usr/local/go
api      CONTRIBUTING.md  favicon.ico  misc     README.md   test
AUTHORS  CONTRIBUTORS     lib          PATENTS  robots.txt  VERSION
bin      doc              LICENSE      pkg      src

必要に応じて以下/usr/local/go/binにパスを通してください。

$ ls -l /usr/local/go/bin
total 30804
-rwxr-xr-x. 1 root root 12978959 ... go
-rwxr-xr-x. 1 root root 15441999 ... godoc
-rwxr-xr-x. 1 root root  3116782 ... gofmt
$ export PATH="$PATH:/usr/local/go/bin"
$ go version
go version go1.12.9 linux/amd64
実行確認

実行確認用にhello.goファイルを用意しました。

実行するだけであれば以下で

$ go run hello.go
HelloWorld

コンパイル後に実行するのであれば以下となります。

$ go build hello.go
$ ls
hello  hello.go
$ ./hello
HelloWorld

ちなみに実体は

$ file hello
hello: ELF 64-bit LSB executable, x86-64, version 1 (SYSV), statically linked, not stripped
$ file hello.go
hello.go: C source, ASCII text

以上、Linux環境にGo言語をインストールした際の備忘録でした。


他の記事を読む