(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

エンジニアのアウトプット

【Db2】HADR_STATE=REMOTE_CATCHUP_PENDINGから復旧させた流れ

スポンサーリンク

事象

スタンバイ機のDBのHADRが正常に機能しない。具体的にはステータスがREMOTE_CATCHUP_PENDINGとなっている。

$ db2pd -db sample -hadr
....
                            HADR_ROLE = STANDBY
                           HADR_STATE = REMOTE_CATCHUP_PENDING
                  HADR_CONNECT_STATUS = DISCONNECTED
 ...
環境情報
  • IBM Tivoli System Automation for Multiplatforms 4
  • DB2 v11.5
  • RHEL 7

解消方法

プライマリーとスタンバイ側のDB2インスタンスを停止させた状態で

$ db2stop
...    0   0   SQL1064N  DB2STOP processing was successful.

該当のDBをスタンバイ機から順々にあげていく。

$ db2 start hadr on db sample as standby
DB20000I  The START HADR ON DATABASE command completed successfully.
$ db2 start hadr on db sample as primary
DB20000I  The START HADR ON DATABASE command completed successfully.

以下、補足です。

補足

HADRのステータスを確認すると以下の状態となり

$ db2pd -db sample -hadr
Database SAMPLE not activated on database member 0 or this database name cannot be found in the local database directory.
Option -hadr requires -db <database> or -alldbs option and active database.

アクティブ化した後に状態を確認すると冒頭のステータスとなっていました。

$ db2 ACTIVATE DATABASE sample
DB20000I  The ACTIVATE DATABASE command completed successfully.

他記事を見るとバックアップからリストアを行った・・等の記載もありましたが、単純な落とし上げでも復旧したのでそれを情報としても残しておきます。

以上。


他の記事を読む