(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

OutPut Log

【Windows】Test-NetConnectionコマンドでIPアドレス・ポート指定で通信を発生させる

スポンサーリンク

はじめに

UNIX系OSにて以下で紹介した手法でネットワークレベルの疎通確認ができますが

Windows機でも同様の観点の確認をしたい場合があります。

本記事ではそれらを実現するTest-NetConnectionを紹介します。

コマンド実行環境
  • Windows 10
  • Windows Server 2016

PowerShell>Test-NetConnection

PowerShellとはWindowsにて利用できるコマンドラインツールで実体は以下のパスにあります。

C:\system32\WindowsPowerShell\v1.0\PowerShell_ISE.exe

こちらを起動して「Test-NetConnection」と押下すれば

PS C:\Users\XX> Test-NetConnection

ComputerName           : internetbeacon.msedge.net
RemoteAddress          : XX
InterfaceAlias         : イーサネット X
SourceAddress          : XX
PingSucceeded          : True
PingReplyDetails (RTT) : 43 ms

上記のようにテスト用宛先と疎通確認が行えます。

ちなみにinternetbeacon.msedge.netをnslookupコマンドで調査してみましたが

nslookup
...
> internetbeacon.msedge.net
...
名前:    cs9.wpc.v0cdn.net
...
Aliases:  internetbeacon.msedge.net
          fp-vs.azureedge.net
          fp-vs.ec.azureedge.net

と出てきました。Windowsにデフォルトで設定されているインターネットとの接続テスト用アドレスと思われます。

インターネットに接続していない場合は以下のような結果になります。

PS C:\Users\XX> Test-NetConnection
警告: Name resolution of internetbeacon.msedge.net failed -- Status: そのようなホストは不明です。

ComputerName           : internetbeacon.msedge.net
RemoteAddress          : 
InterfaceAlias         : 
SourceAddress          : 
PingSucceeded          : False

IPアドレス・ポート指定で通信

構文は以下となります。

Test-NetConnection [ターゲット] -Port [ポート番号]

この引数を指定することにより、指定したIPアドレス及びポート番号に通信を発生させることができます。もちろんターゲットはIPアドレスでもホスト名でも利用できます。


例えばIPアドレスA.B.C.DのWindowsServerにリモートデスクトップ用の通信を行えるかを確認したい場合は

PS C:\Users\XX> Test-NetConnection A.B.C.D -Port 3389

ComputerName           : A.B.C.D
RemoteAddress          : A.B.C.D
RequestPort          : 3389
InterfaceAlias         : イーサネット X
SourceAddress          : XX
TcpTestSucceeded          : True

となります。上記は成功例で、失敗時は以下の警告メッセージが表示されます。

PS C:\Users\XX> Test-NetConnection A.B.C.D -Port 3389
警告: TCP connect to A.B.C.D failed
警告: Ping to A.B.C.D failed -- Status: TimedOut
...

終わりに

疎通先のサーバの間にファイアウォール等がある場合、アプリ側に原因があるのかインフラ側に原因があるのかを判断する際に重宝するコマンドなので覚えておくとどこかで役立つと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。


他の記事を読む