(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

エンジニアのアウトプット

【IBMCloud】Sysdig Secureでネットワークトポロジーを確認する

スポンサーリンク

はじめに

IBM CloudではIBM Cloud Monitoring with Sysdigの機能の中で「Sysdig Secure on IBM Cloud」が利用でき、コンプライアンスの問題を確認するだけでなくネットワークセキュリティに関する情報を可視化することも可能です。

本記事では既に同サービスをカタログから発注した後に特定のnamespaceのネットワークトポロジーを可視化する流れを記載しました。

環境情報
$ ibmcloud version
C:\Program version 1.4.0+...

Sysdig Secureのダッシュボードを開く流れ

ポータル画面から「リソースリスト」>「Services」からオーダーした「IBM Cloud Monitoring with Sysdig」を選定すると以下のようなURLにて遷移します。

https://cloud.ibm.com/observe/embedded-view/monitoring/xx

次に「モニタリング」を選択して「ダッシュボードを開く」を押下すると以下の画面になり
f:id:mtiit:20210625131011p:plain
そこでは「Monitor/Secure」と選択できるので「Secure」を選択するとSysdig Secureのダッシュボードが切り替わります。

ネットワークトポロジーを確認する

Sysdig Secureの画面にて「Network」という項目を選択すると
f:id:mtiit:20210625131144p:plain

To get started, please select a Cluster and Namespace.

とクラスター名と名前空間を入力する項目があります。

クラスター名としてKubernetes/OpenshiftのIDを選択できるので任意の名前空間を選択すると以下のようにRouteやServiceの関連性が可視化されます。
f:id:mtiit:20210625132608p:plain

また、NetworkPolicyのYAMLやIngress&Egressの設定もGUI上から確認できます。

終わりに

Istio/Kialiでも同様の可視化はできますが、Sysdig Secureは各コンテナ自体にサイドカーをつけるわけではないのでアーキテクト上も優位性はあります。

今回はServiceを確認しましたが、他にも

  • Deployment
  • DaemonSet
  • StatefulSet
  • Job
  • Cronjob

の情報も確認できます。

以上、ご参考になれば幸いです。


他の記事を読む