(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

エンジニアのアウトプット

【Rocket.Chat】Prometheusでメトリクスを収集する

スポンサーリンク

やりたいこと

シングル構成のRocketchatのメトリクスをPrometheus経由で収集する。
尚、Prometheus及びRocketchatはインストール済とする。

環境情報
Rocket.Chat
Version	3.2.2

やり方

Rocketchatの管理者画面よりPrometheusを任意のポートでEnableとした後に

f:id:mtiit:20220415211114p:plain
Prometheus用の設定がGUI上で確認できる
PrometheusのConfig(/etc/config/prometheus.yml)に以下のRocketchat用の設定を追記する。尚、ポート番号の前にはRocketchatのURIまたはIPアドレスを入れる。

- job_name: rocketchat
  static_configs:
  - targets:
    - xx:9458

そうするとPrometheus内にデータが蓄積され、Grafana上でも値が確認できる。

f:id:mtiit:20220415211504p:plain
各メトリクスが取得できている

以下、補足です。

補足

ロケットチャット側でPrometheus設定を入れると、"Rocket.Chat PrometheusExporter"がメトリクスの取得を実施し始めます。

$ curl XX:9458
<html>
                <head>
                        <title>Rocket.Chat PrometheusExporter</title>
                </head>
                <body>
                        <h1>Rocket.Chat Prometheus Exporter</h1>
                        <p><a href="/metrics">Metrics</a></p>
                </body>
        </html>

あとはPrometheus側で設定を入れた上で読み込ませれば

ts=.. caller=main.go:996 level=info msg="Loading configuration file" filename=/etc/config/prometheus.yml
ts=.. caller=main.go:1033 level=info msg="Completed loading of configuration file" filename=/etc/config/prometheus.yml totalDuration=...

値の取得が始まります。

以上。


他の記事を読む