(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

エンジニアのアウトプット

【MongoDB】レプリケーションの動きを検証する

スポンサーリンク

はじめに

以下記事にて作成したレプリカセットが機能していることをPrimaryを落とすことで検証します。

環境情報
  • MongoDB v4.4
  • kubectl v1.18

事前準備

PrimaryのDBサーバにてデータベース/コレクションを作成して1つドキュメントを追加します。

repltest:PRIMARY> use test
switched to db test
repltest:PRIMARY> db.user.insert({name:'taro', age:15});
WriteResult({ "nInserted" : 1 })

以下で追加されたメッセージが確認できます。

repltest:PRIMARY> db.user.find()
{ "_id" : ObjectId("5f9696f263a4ed6a7dea2952"), "name" : "taro", "age" : 15 }

この状態でSecondaryのDBサーバで操作を行うと以下のエラーとなります。

repltest:SECONDARY> show dbs
uncaught exception: Error: listDatabases failed:{
        "topologyVersion" : {
                "processId" : ObjectId("5f968edbf5c68e96b18f675f"),
                "counter" : NumberLong(4)
        },
        "operationTime" : Timestamp(1603704581, 1),
        "ok" : 0,
        "errmsg" : "not master and slaveOk=false",
        "code" : 13435,
        "codeName" : "NotMasterNoSlaveOk",
        "$clusterTime" : {
                "clusterTime" : Timestamp(1603704581, 1),
                "signature" : {
                        "hash" : BinData(0,"AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA="),
                        "keyId" : NumberLong(0)
                }
        }
} :...

Primaryサーバの停止を再現する

以下コマンドでPodを停止します。

kubectl delete pod mongod-0
pod "mongod-0" deleted

すると自動的に復旧するも、その間のアクセスを捌くためにDBサーバが切り替わります。

実際に先ほどSecondaryとなっていたPodにアクセスすると

$ kubectl exec -it mongod-1 mongo
MongoDB shell version v4.4.1
connecting to: mongodb://127.0.0.1:27017/?compressors=disabled&gssapiServiceName=mongodb
...
repltest:PRIMARY>

Primaryに切り替わっており先ほど通らなかったコマンドも通ります。

repltest:PRIMARY> show dbs
admin   0.000GB
config  0.000GB
local   0.000GB
test    0.000GB

Primary&Secondaryを同時に停止

いわゆる二重障害を起こしてもARBITERはPrimaryになることはありません。

$ kubectl exec -it mongod-2 mongo
....
repltest:ARBITER>

これはArbiterの役割としてデータを持たずに投票だけを行う役割のため、Primaryの選出のみを行います。

終わりに

MongoDBではレプリカセットの設定を行うことで、自動的にPrimaryからSecoundaryにデータが同期されます。
そして、万が一Primaryが落ちた場合もArbiterによって新たなPrimaryを選出することで自動フェイルオーバーを行うことができるわけです。

以上、ご参考になれば幸いです。


他の記事を読む