(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

OutPut Log

【MacOS】CatalinaへのOSバージョンのあげ方

スポンサーリンク

はじめに

古いMacbookを立ち上げて環境を整備していた際にOSバージョンの制約でエラーとなりました。

f:id:mtiit:20200419131914p:plain
OSバージョンが要件を満たしていない
そのような場合にOSのバージョンアップを行った手順を残しておきます。料金は無料で時間は2時間程度かかりました。

環境情報
$ sw_vers
ProductName:	Mac OS X
ProductVersion:	10.9.5
BuildVersion:	13F1911

OSのバージョンアップ手順

アップルストアから検索をし、macOS Catalinaをインストールしました。

この際にAppleIDとパスワードを入力するのですがパスワード認証後に2段階認証ということで所持しているiPadに6桁の確認コードが表示されてパスワードに追記を促されました。

つまりパスワードがhogeで確認コードが123456の場合は

ID : xxx
PASS : hoge

の後に確認コードを入れて

ID : xxx
PASS : hoge123456

と入れて認証を通過しました。ここで元々のパスワードを消して確認コードのみを入れると認証に失敗するのでご注意ください。

ダウンロード完了すればそれを実行することで

f:id:mtiit:20200419132608p:plain
ダウンロード完了するとLaunchPadに配置される
以下のような画面に遷移してインストールが始まります。下記のインストールは並行して他のの作業も可能です。
f:id:mtiit:20200419132715p:plain
OSのバージョンアップ

上記インストールが完了すれば、実際に適用作業が始まります。適用作業中は端末で作業はできません。

バージョンアップが完了するとターミナルでも確認ができます。

$ sw_vers
ProductName:	Mac OS X
ProductVersion:	10.15.4
BuildVersion:	19E287

本バージョンにした際にライブ変換がオンになっていたので、「システム環境設定」>「キーボード」>「入力ソース」から「ライブ変換」のチェックを外しました。

終わりに

ネットワーク環境にもよると思いますが、全体を通して2時間程度かかってしまいました。
同作業を予定している方の参考になれば幸いです。


他の記事を読む