(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

エンジニアのアウトプット

【ibmcloud】user-inviteコマンドでユーザを招待する

スポンサーリンク

やりたいこと

IBM Cloud CLI(コマンド・ライン・インターフェース)でアカウントの新規追加を行う。
尚、GUIでは”IAM” -> "アクセスおよびユーザーの管理"->"ユーザーの招待"にて同操作は行える。

環境情報
$ ibmcloud --version
C:\Program Files\IBM\Cloud\bin\ibmcloud.exe version 2.1.1...

やり方

アカウントにログイン後に

$ ibmcloud login
...
Account:           XX (xx) <-> YY

以下コマンドでメールアドレスを付与してコマンド実行すると

$ ibmcloud account user-invite xx@xx

標準出力にてインビテーションが送付された旨が表示される。

Sending invitation to xx@xx to join in account yy...

また、この操作のみでは招待したユーザはPending状態なので、該当ユーザ自身が案内を受諾する必要がある。

xx@xx 保留中

以下、補足です。

補足

デフォルトで招待すると権限やアクセスグループには何も付与されませんが、例えばaccess-groupsを同時に付与することも可能で以下にて招待とグループ追加を同時に行うことで

$ ibmcloud account user-invite xx@xx --access-groups "MyAdmin"

既存ユーザに以下のようにグループ割当をする手間を省けます。

$ ibmcloud iam access-group-user-add "MyAdmin" "xx@xx"

以上です。


他の記事を読む