(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

Output Log

【Docker】コンテナの停止と削除を同時に行う

スポンサーリンク

やりたいこと

起動中コンテナをdocker stopdocker rmではなく一文で消したい。

やり方

rm -fにて削除する。

> docker rm -f d12efd253e60
d12efd253e60

以下、補足です。

補足

停止済みのコンテナを一気に消す方法は以下記事で解説しましたが

今回は起動中のコンテナを消す場合です。
上がっているコンテナを消そうとすると以下のようなメッセージではじかれますので

Error response from daemon: You cannot remove a running container xx. Stop the container before attempting removal or force remove

docker rmのオプションにもあるように「-f」にて「強制終了」する必要があります。

Options:
-f, --force Force the removal of a running container (uses SIGKILL)
-l, --link Remove the specified link
-v, --volumes Remove the volumes associated with the container

同様のことを検索した際になかなかヒットしなかったのでタイトルにそのままつけて残しておきます。
以上、ご参考になれば幸いです。


他の記事を読む