(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

OutPut Log

【AIX】ログイン時に読まれる環境変数設定ファイル一覧

スポンサーリンク

AIX機にユーザーがログインすると環境変数が読み込まれますが、それぞれ以下が設定ファイルです。

  • /etc/environment
  • /etc/profile
  • ~/.profile
  • ~/.env

これらはSystem startup filesと括られますが、それぞれの特徴を説明しました。

/etc/environment

ログイン時にOSが最初に読み込むファイルです。このファイルは基本的には触りません。
このファイルはOSインストール時に作成され、$PASSや$TERMといった全システムで共通の変数が規定されています。

/etc/profile

ログイン時にOSが/etc/environmentの次に読み込むファイルです。
システム管理者はこのファイルを編集し、システム内の全ユーザがデフォルトで持つ変数として適用させます。

以下、一例です。

trap "" 1 2 3
readonly LOGNAME
MAIL=/usr/spool/mail/$LOGNAME
MAILMSG="[YOU HAVE NEW MAIL]"
TERM_DEFAULT=lft
TERM=`termdef`
TERM=${TERM:-$TERM_DEFAULT}
...

~/.profile

ユーザ毎の設定はこちらに記載します。

~/.env

環境変数は.profileではなくこちらのファイルに書くことがありますが、.profile等に以下のように記載されている必要があります。

export ENV=$HOME/.env 

以下はサンプルです。

export  myid=`id | sed -n -e 's/).*$//' -e 's/^.*(//p'`
#set prompt: login & system name & path 
if [ $myid = root ]
        then    typeset -x PSCH='#:¥${PWD}> '
                PS1="#:¥${PWD}> "
        else    typeset -x PSCH='>'
                PS1="$LOGNAME@$UNAME${PWD}> "
                PS2=">"
                PS3="#?"
fi
export PS1 PS2 PS3

alias   ls="/bin/ls -CF" ¥
        d="/bin/ls -Fal | pg" ¥
        rm="/bin/rm -i" ¥
        up="cd .."

ログイン時に読まれる他のファイルと違い、新しいシェルやウィンドウをオープンするたびに実行されます。

終わりに

環境変数周りで不具合がある場合は、上記のどれかが原因であることが多いのでメモしておきました。


他の記事を読む