(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

エンジニアのアウトプット

【AIC/Db2】CUI環境での応答ファイルを利用したインストールの流れ

スポンサーリンク

はじめに

UNIXの一種であるAIXDb2をインストールした際の備忘録を記載しました。

環境
OS AIX 7.1
DB2 DB2 10.5

インストールの準備

メディアと応答ファイルを準備します。

まずは、メディアを調達ですが、DB2_Svr_10.5.X.X_AIX.tar.gz といった形式のファイルをオンラインにて入手しました。
このファイルをサーバの任意の場所に配置し、展開します。

AIX環境ではtarコマンドのzオプションが使えない場合もあるのでその際はgunzipコマンドでgzを外してからtarで展開してください。

$ gunzip -d DB2_Svr_10.5.X.X_AIX.tar.gz
$ tar -xf DB2_Svr_10.5.X.X_AIX.tar

展開されたディレクトリの中にdb2setupコマンドがありますので、引数に応答ファイルを指定する形でインストールが行なえます。

次は応答ファイルの準備ですが、/tmp/server配下にメディアを展開したとすると/tmp/server/db2/aix/samples/db2server.rspが応答ファイルのサンプルとして確認できます。

中を見てみるとほぼコメントアウトされていますが、先頭が*で始まる行以外を表示するgrep -v ^* | sed '/^$/dにて設定を確認します。

# cat /tmp/server/db2/aix/samples/db2server.rsp | grep -v ^* |  sed '/^$/d'
PROD                      = DB2_SERVER_EDITION
FILE                      = /opt/IBM/db2/V10.5
LIC_AGREEMENT             = DECLINE         ** ACCEPT or DECLINE
INSTALL_TYPE              = TYPICAL         ** TYPICAL, COMPACT, CUSTOM
INSTANCE                  = DB2_INST        ** char(8)  no spaces
DB2_INST.NAME             = db2inst1        ** char(8)  no spaces, no upper case letters
DB2_INST.GROUP_NAME       = db2iadm1        ** char(30) no spaces
DB2_INST.HOME_DIRECTORY   =                 ** char(64) no spaces. Valid for root installation only
DB2_INST.PASSWORD         = Replace with your password ** Valid for root installation only
DB2_INST.AUTOSTART        = YES             ** YES or NO
DB2_INST.START_DURING_INSTALL = YES         ** YES or NO. Default is YES.
DB2_INST.FENCED_USERNAME  = db2sdfe1        ** char(8)  no spaces, no upper case letters
DB2_INST.FENCED_GROUP_NAME = db2fsdm1       ** char(30)  no spaces

これをベースに想定環境用に編集し、独自のカスタマイズをしていきます。

インストール

インストールコマンドは以下です。

# /tmp/server/db2setup -r /tmp/server/db2/aix/samples/db2server.rsp

FILEで指定されているパスにインストールが行われますが、容量が必要なのでファイルシステムを専用に用意しました。

例えば指定先に容量がなければ以下のようなエラーとなります。

# /tmp/server/db2setup -r /tmp/server/db2/aix/samples/db2server.rsp
DBI1191I  提供された応答ファイルに従って、db2setup が DB2 をインストールおよび構成しています。 お待ちください。
DBI20081E インストーラーは、十分なフリー・ディスク・スペースが「/opt/IBM/db2/V10.5」にないことを検出しました。「/opt/IBM/db2/V10.5」で検出されたフリー・スペースは「XXXXXX」です (キロバイト単位)。必要なスペースは「1963484」です (キロバイト単位)。

これでインストールが完了です。

終わりに

その他の注意点として、応答ファイルで指定しているユーザやグループは事前に作成が必要です。
以上、同様の作業を行う方はご参考ください。


他の記事を読む