(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

エンジニアのアウトプット

【Linux】curlコマンドの代替としてHostヘッダー指定でopenssl_clientで疎通確認を行う

スポンサーリンク

やりたいこと

以下記事で記載したようなcurlコマンドで発生させた通信を

opensslコマンドで行う。

具体的には以下を再現するとする。

$ curl -H "Host:sample.hoge.com" 10.11.12.13
環境情報
$ openssl version
OpenSSL 1.1.1f  31 Mar 2020

やり方

以下コマンドで通信確立後に

$ openssl s_client -port 443 -host 10.11.12.13 -servername sample.hoge.com

以下状態で入力待ち状態となるので

---
read R BLOCK

以下を入力後にKを押下した後にEnterキーを押すと

GET / HTTP/1.1
host: sample.hoge.com

ルートパスに対してHTTPS接続が行われ、HTMLが出力される。


以下補足です。

補足

Kキーを押すと以下のように"KEYUPDATE"という文字列が表示されて

K
KEYUPDATE

そこからEnterを押すと標準出力には以下のような形式で出力され、対象のサーバに疎通確認が行えます。

read R BLOCK
HTTP/1.1 200 OK
Date: Thu, XX GMT
Content-Type: text/html; charset=UTF-8
Content-Length: XX
Connection: keep-alive
Last-Modified: XX
Accept-Ranges: bytes
Cache-Control: max-age=3600
Strict-Transport-Security: max-age...; includeSubDomains

<html>
...
</html>

以上です。


他の記事を読む