(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

Output Log

【JitsiMeet】Address discovery through STUN failedというエラー

スポンサーリンク

事象

docker-jitsi-meet_jvb_1を含むコンテナ群を公式サイトに沿ってdocker-composeで起動したところ以下のエラーが定期的にログに出る。

jvb_1      | ... org.jitsi.utils.logging2.LoggerImpl log
jvb_1      | SEVERE: Health check failed in PT0S:
jvb_1      | java.lang.Exception: Address discovery through STUN failed
jvb_1      |    at org.jitsi.videobridge.health.Health.performCheck(Health.java:195)
jvb_1      |    at org.jitsi.health.AbstractHealthCheckService.run(AbstractHealthCheckService.kt:144)
jvb_1      |    at org.jitsi.utils.concurrent.RecurringRunnableExecutor.run(RecurringRunnableExecutor.java:216)
jvb_1      |    at org.jitsi.utils.concurrent.RecurringRunnableExecutor.runInThread(RecurringRunnableExecutor.java:292)
jvb_1      |    at org.jitsi.utils.concurrent.RecurringRunnableExecutor.access$000(RecurringRunnableExecutor.java:36)
jvb_1      |    at org.jitsi.utils.concurrent.RecurringRunnableExecutor$1.run(RecurringRunnableExecutor.java:328)
環境情報
jitsi/jvb  994bef25ebeb 
jitsi/jicofo  64799ed3ad2f 
jitsi/prosody  7d4876346cb0
jitsi/web  aa613fa07b69  

原因/解決策

設定ファイルに存在しないSTUNサーバの情報が入っている。

$ cat .env  | grep -i stun
# STUN servers used to discover the server's public IP
JVB_STUN_SERVERS=meet-jit-si-turnrelay.jitsi.net:443

上記をコメントアウトして再起動すれば該当のメッセージは表示されなくなる。

以下、補足です。

補足

以下にてDockerを利用してJitsiMeetをインストールしましたが

env.sampleをそのままコピーした場合は.envに該当の設定が残っている場合があります。

以下コマンドを打てば該当コンテナにて

$ docker logs -f docker-jitsi-meet_jvb_1

表題のログが「SEVERE」という扱いで大量に出力されて気になります。

STUNとはSession Traversal of Udp through Natsの略でNATを介してアクセスするクライアントが存在する際に必要なサーバを指しています。つまりクライアントがそのままアクセスするような環境では該当サーバは不要なのでコメントアウトしておけば余計なログが出ないのでおススメです。


他の記事を読む