(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

エンジニアのアウトプット

【Db2】データベースマネージャー構成パラメーターを確認する

スポンサーリンク

やりたいこと

以下のように設定を行うデータベースマネージャー(dbm)の構成パラメーターの現在値の確認する。

$ db2 update dbm cfg using xx yy
環境情報
  • IBM Tivoli System Automation for Multiplatforms 4
  • DB2 v11.5
  • RHEL 7

やり方

以下のコマンドを押下すると

$ db2 get dbm cfg

以下の形式で値が表示される。

          Database Manager Configuration

     Node type = Enterprise Server Edition with local and remote clients

 Database manager configuration release level            = 0x1500

 CPU speed (millisec/instruction)             (CPUSPEED) = 1.023413e-07
 Communications bandwidth (MB/sec)      (COMM_BANDWIDTH) = 1.000000e+02

 Max number of concurrently active databases     (NUMDB) = 32
 Federated Database System Support           (FEDERATED) = NO
 Transaction processor monitor name        (TP_MON_NAME) =

 Default charge-back account           (DFT_ACCOUNT_STR) =

 Java Development Kit installation path       (JDK_PATH) = /home/db2inst1/sqllib/java/jdk64
...

以下、補足です。

補足

データベースマネージャー構成パラメーターの修正を行う際に設定前後の値を以下のように確認できます。

$ db2 get dbm cfg | grep -i  srvcon_pw_plugin
 Server Userid-Password Plugin        (SRVCON_PW_PLUGIN) =
$ db2 update dbm cfg using srvcon_pw_plugin IBMOSchgpwdserver
DB20000I  The UPDATE DATABASE MANAGER CONFIGURATION command completed successfully.
$ db2 get dbm cfg | grep -i  srvcon_pw_plugin
 Server Userid-Password Plugin        (SRVCON_PW_PLUGIN) = IBMOSchgpwdserver

また、各データベースに固有であるデータベース構成パラメータは以下のように確認できます。

$ db2 GET DB CFG FOR sample

       Database Configuration for Database sample

 Database configuration release level                    = 0x1500
 Database release level                                  = 0x1500

 Database territory                                      = US
 Database code page                                      = 1208
 Database code set                                       = UTF-8
 Database country/region code                            = 1

以上。


他の記事を読む