(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

エンジニアのアウトプット

【Vyatta】tcpdumpでパケットキャプチャを取得する

スポンサーリンク

やりたいこと

tcpdumpコマンドでパケットキャプチャを取得する。
尚、Wiresharkで読み込ませるためpcapファイルで出力する。

環境情報
  • Debian 4.9.X-0vyatta2
  • tcpdump version 4.9.

やり方

特権ユーザに昇格した上で

$ su
# 

以下コマンドで指定したインターフェースの全パケットを60秒間取得できる。

# tcpdump -i dp0bond0 -s 0 -w ./test.pcap -W1 -G60
tcpdump: listening on dp0bond0.1361, link-type EN10MB (Ethernet), capture size 262144 bytes
Maximum file limit reached: 1
205931 packets captured
0 packets received by filter
0 packets dropped by kernel
E: xx dangling 'SUB' socket created at ./pcap-vyatta-dataplane.c:438
E: xx dangling 'REQ' socket created at ./pcap-vyatta-dataplane.c:456

以下のようにファイルが生成されています。

# ls -l
total 4
-rw-r----- 1 root root ... test.pcap

以下、補足です。

補足

特権ユーザでないとtcpdumpコマンドが打てないのでスイッチが必要です。

$ which chmod

以下でインターフェース名が確認できるので

# tcpdump -D
1..spathintf [Up, Running]
2.dp0bond0 [Up, Running]
3.dp0bond0.1 [Up, Running]
4.dp0bond0.2 [Up, Running]
5.any (Pseudo-device that captures on all interfaces) [Up, Running]
6.lo [Up, Running, Loopback]
...

tcpdumpコマンドを押下すればキャプチャがとれます。

ちなみに特定IPで絞る場合は以下で

host 10.20.30.40

IPレンジで絞る場合は以下で可能です。

net 10.20.0.0 mask 255.255.0.0

以上です。


他の記事を読む