(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

Output Log

【vCenter】vCSAに登録されているhostsファイルを確認する

スポンサーリンク

はじめに

ESXiとvCenterの名前解決にDNSが要件になりますが、初期構築の段階ではvCenterにhostsファイルを書いて名前解決をさせることもあるかと思います。

後々DNSにつないだ際にこのhostsファイルとDNSに登録した内容に差が出た場合にはvCenterの実機に記載されているhostsファイルを確認する必要があります。そのような際の手順について説明します。

環境情報
  • VMware vCenter Server Appliance 6.7

vCSAにコンソールログイン

今回はESXiにvCenterServerApplianceを展開しているとします。
vCenterの管理画面から該当のゲストを選択し以下のようにCUI環境でログインを試みます。

f:id:mtiit:20200326150835p:plain
コンソールログイン

初期画面をEnterで進めると

Please visit the following URL to configure this appliance...

という文言が出てくるところでAlt + →を押せば

... login :

という画面に遷移するのでrootユーザでログインします。パスワードはvCenter Server Appliance のデプロイ時に設定したパスワードになります。

ログインが成功すると

Command>

という画面に遷移するのでshellと押下すれば見慣れた画面になります。

Command> shell
Shell access is granted to root
root@.. [ ~ ]#

ちなみにここで利用されているシェルはapplianceshと書かれていますがbashで使えるコマンドは一通り使えます。

# echo $SHELL
/bin/appliancesh

hostsファイルを確認する

あとはLinux機同様にhostsファイルを見に行けば内容が確認できます。

# cat /etc/hosts
...

少なくともVmware Appliance Management Interface(VAMI)を利用して記載された部分が

# VAMI_EDIT_BIGIN
127.0.0.1 hoge hoge.co.jp localhost
# VAMI_EDIT_END

のように確認できます。

ログアウトする際はexitを2度押せばログイン前の画面に戻ります。

# exit

終わりに

基本はブラウザベースで操作するvCenterですが細かい箇所はコンソールにログインして内容を確認する必要があります。
実機にログインすることは滅多にないとは思いますが、ログイン方法だけでも覚えておくといざと言う時に役立つと思います。


他の記事を読む