(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

OutPut Log

【Todoist】curlコマンドでタスク一覧を取得する

スポンサーリンク

はじめに

以下記事にて便利アプリとして紹介したtodoistですが

APIを叩けば簡単にToDoを取得できます。

本記事ではBash環境で実際にcurlコマンドを打つ流れを紹介します。

事前準備

curlを打てる環境と

# curl --version
curl 7.52.1 (x86_64-pc-linux-gnu) libcurl/7.52.1 OpenSSL/1.0.2u zlib/1.2.8 libidn2/0.16 libpsl/0.17.0 (+libidn2/0.16) libssh2/1.7.0 nghttp2/1.18.1 librtmp/2.3
Protocols: dict file ftp ftps gopher http https imap imaps ldap ldaps pop3 pop3s rtmp rtsp scp sftp smb smbs smtp smtps telnet tftp
Features: AsynchDNS IDN IPv6 Largefile GSS-API Kerberos SPNEGO NTLM NTLM_WB SSL libz TLS-SRP HTTP2 UnixSockets HTTPS-proxy PSL

ToDoistの「設定」>「連携機能」>「APIトークン」からトークン文字列を入手してください。

CURLコマンドで情報取得

以下コマンドで積んでいるタスク情報を全て取得できます。

$ curl -X GET https://api.todoist.com/rest/v1/tasks -H "Authorization: Bearer XXXX"

上記のXXX部分にAPIトークンを入れてください。

一つのタスクは以下のようにJSON形式で確認できます。

 {
                "id": 3726423569,
                "project_id": 2190343742,
                "section_id": 0,
                "order": 92,
                "content": "HOGE",
                "completed": false,
                "label_ids": [],
                "priority": 1,
                "comment_count": 0,
                "created": "2020-03-02TXX:XX:XXZ",
                "due": {
                        "recurring": false,
                        "string": "3月3日",
                        "date": "2020-03-03"
                },
                "url": "https://todoist.com/showTask?id=37264XXXX"
        },

終わりに

アクセストークンを申請等もせずに、デフォルトで設定画面から確認できるのでLINEのAPIと組み合わせれば明日締め切りのものをLINEボットから送付したりすることも可能です。

以上、ご参考になれば幸いです。


他の記事を読む