(O+P)ut

OutPut Log by SE in SIer



(O+P)ut

Output Log by SE

【Storwize】ストレージ構築用コマンド紹介

スポンサーリンク

はじめに

例えばクラウドを利用する際、サーバの初期構築を行う必要はありますがストレージの構築作業は意識しない場合が多いです。ただしストレージ初期構築のコマンドやそれに付随する用語を知っていると、ストレージ周りの知識を得ることもできるので今回はStorwizeシリーズを元にしていくつかコマンドを紹介しました。

ストレージ構築用コマンド

mkuser

サーバの初期構築でも登場するコマンドですが、ストレージにももちろん存在します。
構築及び状況照会用のユーザが作成できます。

以下、構文例です。

mkuser -name testuser -usergrp  testgroup -password testPassw0rd

SSH鍵を指定する場合はkeyfileパラメーターも合わせて付与します。

mkmdiskgrp

ストレージプールを作成します。こちらはMdiskをさらに束ねたグループです。

以下、構文例です。

mkmdiskgrp -name testdiskgroup -ext 256

最後の「256」は論理的に連続した記憶領域のサイズが「256MB」であることを指します。

ちなみにストレージプールへのMdiskの追加はaddmdiskコマンドで行います。

addmdisk -mdisk mdsk1:mdsk2:mdsk3 testdiskgroup 
chdrive

ドライブのプロパティーを変更が可能です。特に使うのは特定のドライブをホットスペアにする場合です。

以下、構文例です。

chdrive -use spare 6

最後の「0」はディスク毎のIDで、ドライブIDと呼ばれます。

mkarray

MDiskを作成します。ここではRAIDのレベルを設定します。

例えばRAID5であれば1つのディスク障害にも対応ができ、RAID6であれば2つのディスク障害にも対応が可能です。

RAIDを組むディスク本数は自由に設定でき、製品にもよりますが上限が16台も設定されています。

以下、コマンド例です。

mkarray -level raid5 -drive 0:1:2:3:4:5

後ろの数字はドライブIDです。6本でRAIDを組んでいることが分かります。

mkvdisk

Vdiskを作成します。サーバーから見て一塊のストレージに見える単位なので、ストレージ初期構築の肝のコマンドです。
それ故か、オプションがかなり豊富に存在します。

一例ですが構文例です。

mkvdisk -name A -mdiskgrp B -iogrp C -cache readwrite  -size 10 -unit gb

-unitはsizeを指定する際の単位でkb|mb|gb|tb|pbから選べます。
また、-cacheが不要な場合はnoneにします。

終わりに

本記事がストレージ関連の用語やそのイメージを掴む一助になれば幸いです。


他の記事を読む