(O+P)ut

ITエンジニアのアウトプット録



(O+P)ut


本ブログのサイトマップ

(O+P)utの歩き方

まずはじめに

(O+P)ut というタイトルの意味について触れています。

入門記事が多め

難しいことを分かりやすく伝えれたら一流*1、という言葉を胸に難しいテーマを平易に解説するよう心がけています。
その甲斐もあってか、人気記事のタイトルには【入門】という文言が多いです。

そんな入門記事の一例として、サルでも分かるというタイトルをつけた記事なんかもあります。
【サルでも分かる】ROC曲線入門 - (O+P)ut
【サルでも分かる】Java Servlet入門 - (O+P)ut
【サルでも分かる】X11入門 - (O+P)ut
【サルでも分かる】OpenVPN入門 - (O+P)ut
実際、サルでは分からない程度には難しいテーマを扱っています。

備忘録記事

IT系ではエラーが表示されるとまずググります。
ヒットしなかった場合は自分で解決するしかないのですが、後続の方のためにメモを残す記事もあります。
【BluePrism】The collection definiton does not contain field Colmn1というエラー回避 - (O+P)ut
opensslコマンドで「unable to load certificate」とエラーが出る - (O+P)ut
こういう記事はアクセスは集まらないものの、一部の方の役にたまに立つのであげるようにしています。

流行りの技術記事

ブロックチェーンやRPAなど、流行りの技術記事をとりあげたりもしています。

自動化記事

RPAにも通じますが、自動化というテーマに大きな関心があります。
根本は「機械が得意なことは機械に任せる」というさぼり思想ですが、エンジニアはそうあるべき、とも思っています。

例えば以下の記事内容を実践して

以下の記事を自動で日時更新しています。

中にはおちゃらけたテーマも

堅そうな記事ばかり目立ちますが、思いつきで色々と投稿しています。

終わりに

マイペースに更新しておりますが興味があれば読者登録お願いします。
本記事は、定期的にメンテナンスしていますのでたまに覗きにきてください。

以上です。

*1:学生時代、「二流は難しいことをそのまま話すが、一流は難しいことを分かりやすく話す。ちなみに三流は分かりやすい話を複雑に伝える。」と口すっぱく言われました。

忍んでいるスポンサーリンク