(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

Output Log

【Windows】RDPファイルの中身を確認する

スポンサーリンク

はじめに

リモートデスクトップ接続にて利用する.rdpファイルの中身を確認しました。

ファイルの中身

以下のようにIPアドレスのみ指定している場合。

f:id:mtiit:20191225163826p:plain
.rdpファイルの編集画面

まずファイルの形式ですがUNIX環境にてfileコマンドで確認すると

$ file hoge.rdp
hoge.rdp: ASCII text

というわけで実体はテキストファイルです。

中身を確認すると以下のように記載されています。

$ cat hoge.rdp
full address:s:A.B.C.D:3389
prompt for credentials:i:1
administrative session:i:1

ただし上の図においてユーザ名をuserAとして入れるとファイルが一気に巨大化します。

$ cat hoge.rdp
full address:s:A.B.C.D:3389
prompt for credentials:i:1
administrative session:i:1
screen mode id:i:2
use multimon:i:0
desktopwidth:i:1920
desktopheight:i:1080
session bpp:i:32
winposstr:s:0,3,0,0,800,600
compression:i:1
keyboardhook:i:2
audiocapturemode:i:0
videoplaybackmode:i:1
connection type:i:7
networkautodetect:i:1
bandwidthautodetect:i:1
displayconnectionbar:i:1
username:s:userA
enableworkspacereconnect:i:0
disable wallpaper:i:0
allow font smoothing:i:0
allow desktop composition:i:0
disable full window drag:i:1
disable menu anims:i:1
disable themes:i:0
disable cursor setting:i:0
bitmapcachepersistenable:i:1
audiomode:i:0
redirectprinters:i:1
redirectcomports:i:0
redirectsmartcards:i:1
redirectclipboard:i:1
redirectposdevices:i:0
autoreconnection enabled:i:1
authentication level:i:2
negotiate security layer:i:1
remoteapplicationmode:i:0
alternate shell:s:
shell working directory:s:
gatewayhostname:s:
gatewayusagemethod:i:4
gatewaycredentialssource:i:4
gatewayprofileusagemethod:i:0
promptcredentialonce:i:0
gatewaybrokeringtype:i:0
use redirection server name:i:0
rdgiskdcproxy:i:0
kdcproxyname:s:

ファイルサイズも1KBから3KBに。デフォルトの設定が明示的にファイルに書き込まれる模様です。
この状態でユーザ名を消しても上記の設定群はテキストファイルに残ったままです。

終わりに

興味範囲で中身を除いてみました。


他の記事を読む