(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

Output Log

【Windows】ペイントで画像を正方形に調整する方法

スポンサーリンク

はじめに

とある画像をWebサービスに登録しようとした際に

Incorrect image aspect ratio. Select a square image and try again.

としてエラーとなりました。
要は縦と横のサイズが異なっているので調整してください、とのこと。

このように正方形にトリミングする手法は多々ありますが、今回はWindowsパソコンに標準で搭載されているペイントを利用して縦と横のサイズを正確に合わせる方法について説明します。

環境情報
  • Windows 10 Enterprise
  • ペイント Version 1909

縦と横の比率を揃える手順

以下の3ステップです。

  • ペイントで画像を開く
  • 手動で調整する
  • プロパティで仕上げる

対象の画像をペイントに読み込む

ファイル→開く で対処画像を選択します。

f:id:mtiit:20200501095319p:plain
テスト用画像

縦と横のサイズをざっくり揃える

ペイントではトラック&ドロップで画像をトリミングできるのでそこで目分量で正方形に近づけます。反対側を削る時も以下のように180度回転させてから同様に行えます。

f:id:mtiit:20200501100211g:plain
画面を正方形に近づける

機械的に縦横比を合わせる

ファイル→プロパティ を見ると以下のように幅と高さを編集できます。

f:id:mtiit:20200501101609p:plain
ピクセル単位で数値を編集できる

ここで値が大きい方を小さい方に合わせれば(今回で言えば幅を300に揃える)以下のように正方形の画像になります。

f:id:mtiit:20200501101751j:plain
正方形の画像

いきなりプロパティでトリミングを行えば左上から中心に切り取られてしまうので、事前に手動で調整が必要です。

終わりに

今回は手動で調整しましたがプログラミングを使えば例えば以下のように画像を編集することもできます。

ただ、ペイントでサクッと画像を用意したい場合には上記手順が利用できるのでご参考ください。


他の記事を読む