(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

Output Log

【Linux】業務用シェルでよく使う記法メモ

スポンサーリンク

はじめに

個人利用であれば動けばいいですが、業務利用の場合はログ取りや権限チェックといった機構をコーディングルールに従って入れる必要があります。本記事ではそのような記法を逐次まとめていきます。

シェルを実行する前のチェック

例えば以下では実行ユーザをrootに絞り、それ以外のユーザで実行した場合は終了するロジックです。

if [[ `whoami` != root ]]; then
  echo "This shell need to run as root user"
  exit
fi

ログファイル

以下はサーバのホスト名と現在時刻でそのシェルで書き込むログファイルを生成しています。
このファイル名を利用して後続のログを書き込んでいけます。

HOSTNAME=`uname -n`
CDATE=`date '+%Y%m%d%H%M%S'`
filename=output_${HOSTNAME}_${CDATE}.txt
touch $filename

終わり

逐次追記していきます。


他の記事を読む