(O+P)ut

OutPut Log by SE in SIer



(O+P)ut

Output Log by SE

はてなでIT技術ブログを始める

スポンサーリンク

はじめに

本ブログも技術ブログというジャンルに入ると思っているのですが、私は個人用Wikiというつもりで運営しています。もちろん、個人用Wikiといいながらも全世界に発信されるので、著作権の侵害や誹謗中傷は一発アウトですが。

方針として、インターネット検索で一通り探してみて分からなかった時や自分の頭で何かを整理した際に、気が向けば記事にまとめる感じです。

同じくらいの熱量の方であれば、無料で利用できるプラットフォームをオススメします。
で、私ははてなブログを選びました。2014年より利用していますが、特に不満はないです。京都に本社があるのも個人的には応援ポイントです。

対抗として、ブログではなくQiitaでも良いのですが、以下の記事のように備忘録として書きたいスカスカの記事も個人ブログであれば気楽に投稿できる気がします。

本記事では、はてなブログで技術ブログを始めようかな、という方向けにTipsを書いてみました。

はてなブログで技術ブログを始める

まず最初は、はてなブログを開設してください。
無料アカウントでよいと思います。有料アカウントに切り替えるポイントも後述しています。

ブログタイトルやURLは後からでも変更ができるのですがはてなIDは変更できない点はご注意ください。プロフィールIDのようなものです。変なIDを取ってしまうとあとで後悔します。


はてなIDを取得してブログを開設したら、まずはデザインテーマを入れてみることをオススメします。

ブログの着せ替えのようなもので、体裁がいい感じになりモチベーションがあがります。もちろん無料です。
本ブログは「Brooklyn」を採用し、細かいところをCSSでカスタマイズしています。CSSは手探りですが、やりたいことができると嬉しいです。

記事を書く前に..

はてなブログの記事は

  • WYSIWYG
  • はてな記法
  • Markdown
  • HTML

で記載できます。

WYSIWYGというのは、What You See Is What You Getの略です。要するにWordのようなものです。

技術ブログを書きたいという方であれば、Markdownに目が行きがちですが、はてな記法もオススメです。

基本的な構文はMarkdownを踏襲しながら、改行がEnterキーで済むことや表の構文がシンプルなところ等、書いていてストレスフリーです。ただし、後々Wordpress(ワードプレス)に引っ越す場合は面倒かもしれません。

記事毎に記法は変更できるので、とっつきやすいものから書いてみてください。

技術記事を書く時に

今回ははてな記法で解説します。

文法は色々とありますが

技術ブログとして知っておくべきなのはプログラムのソースコードを表示する際の記入法です。

これも簡単で、

>||
print "Hello world!"
||<
と書けば

print "Hello world!"

と表示されます。

>|python|
print "Hello world!"
||<
と書けば

print "Hello world!"

自動的に色付けもしてくれます。

以下に詳細がありますがかなり広範囲に対応しています。

あとは、見出しとして

∗ A
∗∗ B
∗∗∗ C

A

B

C

と見出しを挿入できます。このデザインは、インストールしたデザインテーマのCSSがベースになっています。

また、gistのコードを貼ることもできます。
デフォルトだとハートマークが出るので私はカスタマイズで消しています。


ブログの解析ツール

はてなブログのアクセス解析で必要十分ですが、データサイエンスの観点でGoogleAnalyticsとGoogleSearchConsoleを利用すればブログへのアクセスに対するユニークなデータが取れます。ちなみに、これらを利用する際はブログのどこかでデータ収集していることを明示的に記載する必要があることもあわせてご認識ください。いわゆるプライバシーポリシーというやつです。


生データを独自に解析するのも楽しいです。

ブログの広告

技術ブログは業務中に企業のパソコンからアクセスが来ることが多いので、あまりバチバチに広告を貼ると自分が見る立場でも鬱陶しいので気をつけたいところです。

ただ、広告を貼って収益を得るのもまたQiitaにはない技術ブログの醍醐味なので、簡単に解説します。

広告のメンテナンスが面倒であれば、単価は低いですがアフィリエイトではなくGoogleAdSenseがいいと思います。アフィリエイトのリンク切れや旬のアフィリエイトの調査に時間を割くことなく放置できます。

ただし、GoogleAdSenseは審査が厳しいのが難点です。

メンテナンス不要の広告サービスの代替としてnendや忍者Admaxがありますが、nendはスマホ広告のみなので忍者Admaxがお勧めです。私も最初の数年間は忍者Admaxを利用してポイントを貯めていました。表示収益だけでポイントがもらえるので気に入ってました。

今はブログも大きくなってきたので、GoogleAdSenseに切り替えています。

はてなブログを有料に切り替える

はてなブログは月1000円弱払えばProという有料アカウントにアップグレードできます。
以下、はてなブログの公式ページから抜粋しました。
f:id:mtiit:20190301173436p:plain

メリットがツラツラ書かれていますが、広告を消せるのと独自ドメインに変更できることがポイントです。

巷では、SEOの観点から最初から有料Proにしておいた方が良いという意見が多いですが、まずはマイペースに利用するために無料でのブログ運営をオススメします。個人的な見解ですが、ドメイン取得のアフィリエイトの成約のために有料Proを勧めている人も一定数います。

もちろん、途中からProに変更して独自ドメインを利用すると過去記事のURLが変わりますが、過去記事へのアクセスも自動的にリダイレクトしてくれるので後々切り替えたとしてもアクセス数が落ちることはありません。
digコマンドで確認しましたが、DNSのCNAMEによって自動転送してくれます。

SEO的にはマイナスでも、やはり初期投資0円で個人用Wikiが運営できるメリットは大きいと思います。ちなみに、個人的な目安として月10,000PV程度のアクセスがあれば有料ブログに切り替えてもGoogleAdSenseを張ればペイできると思います。

終わりに

アウトプットを意識して何かを学ぶ姿勢はとても重要で、ブログはまさにそのアウトプットにあたります。

ただしそれは必ずしもブログという形でなくてもよく、例えばノートにまとめたり同僚との勉強会で発表したりと色んな形があります。
もっと言えば、後者の方が

(頭に定着する知識)/(かけた時間)

はいい値が出るかもしれません。

そんなことは承知の上で、「それでもブログを書こうかな」という方がこの記事を見てくれていると思い、僭越ながらこんな感じだよという記事を投稿してみました。

始めたては本当に他人からのアクセスは微々たるものですが、世の中に何かを発信して少なからず反応があることは単純に楽しいです。

以上、ご参考になれば幸いです。


他の記事を読む