(O+P)ut

ITエンジニアのアウトプット録



(O+P)ut

OutPut Log by SE

はてなブログで技術記事を書く

スポンサーリンク

はじめに

本ブログも技術ブログというジャンルに入ると思っているのですが、私は個人用Wikiというつもりで運営しています。*1
インターネット検索で一通り探してみて分からなかった時に、気が向けば記事にまとめる感じです。

同じくらいの熱量の方であれば、無料で利用できるプラットフォームをオススメします。
で、私ははてなブログを選びました。2014年より利用していますが、特に不満はないです。京都に本社があるのも個人的には応援ポイントです。

ブログではなくQiitaでも良いのですが、以下の記事のように備忘録として書きたいスカスカの記事も個人ブログであれば気楽に投稿できる気がします。気がするだけです。

今回は、はてなブログで技術ブログを始めようかな、という方向けに簡単なTipsと収益周りについて書いてみました。

はてなブログで技術ブログを始める

まず最初は、はてなブログを開設してください。
無料アカウントでよいと思います。有料アカウントに切り替えるポイントも後述しています。

ブログタイトルやURLは変更ができるのですが、はてなIDは変更できない点はご注意ください。プロフィールIDのようなものです。

ブログを開設したら、デザインテーマを入れてみることをオススメします。
テーマ ストア - はてなブログ
ブログの着せ替えのようなもので、凝ったCSSをいきなり利用できます。もちろん無料です。

記事を書く前に..

はてなブログは

  • WYSIWYG
  • はてな記法
  • Markdown
  • HTML

で記載できます。

WYSIWYGというのは、What You See Is What You Getの略です。要するにWordのようなものです。

技術ブログを書きたいという方であれば、Markdownに目が行きがちですが、はてな記法もオススメです。

基本的な構文はMarkdownを踏襲しながら、改行がEnterキーで済むこと*2や表の構文がシンプルなところが書いていてストレスフリーです。

もちろん、記事毎に記法は変更できるのでとっつきやすいものから書いてみてください。

技術記事を書く

今回ははてな記法で解説します。

文法は色々とありますが
help.hatenablog.com

技術ブログとして知っておくべきなのはプログラムのソースコードを表示する際の記入法です。

これも簡単で、

>||
print "Hello world!"
||<
と書けば

print "Hello world!"

と表示されます。

>|python|
print "Hello world!"
||<
と書けば

print "Hello world!"

自動的に色付けもしてくれます。

以下に詳細がありますがかなり広範囲に対応しています。

あとは、見出しとして

∗ A
∗∗ B
∗∗∗ C

A

B

C

と見出しを挿入できます。このデザインは、インストールしたデザインテーマのCSSがベースになっています。

また、ここでは割愛しますがGithubのコードを貼ることもできます。
staff.hatenablog.com

ブログの解析ツール

アクセスがぽつぽつと集まってきたら、GoogleAnalyticsの利用をオススメします。
アクセスがそこそこ集まってきたら、GoogleSearchConsoleの利用をオススメします。

ただ、はてなブログのアクセス解析で必要十分な気もします。

ブログの広告

基本的に、技術ブログは世のマネタイズバチバチブログと違って儲からないです。
というのも広告収益とは、クリックまたはクリックからの成約の対価として発生します。

技術ブログは業務中に企業のパソコンからアクセスが来ることが多いです。

履歴を残さないブラウザ設定などでは、そもそもクッキーが無効化されていて広告もうまく表示されません。
だからこそ成果型中心の広告収益ビジネスの手法はあまり再現性がないです。


ちなみに、世の中には無料ブログで使えて表示収益が発生するありがたいものもあります。
うまくアクセス数が集まれば、無料/技術ブログでも月に1回カフェに行く程度の額は集まります。

はてなブログを有料に切り替える

はてなブログは月1000円弱払えばProという有料アカウントにアップグレードできます。
以下、はてなブログの公式ページから抜粋しました。
f:id:mtiit:20190301173436p:plain

メリットがツラツラ書かれていますが、広告を消せるのと独自ドメインに変更できることがポイントです。

巷では、SEOの観点から最初から有料Proにしておいた方が良いという意見が多いですが、技術ブログに関してはランニングコストがかからない無料ブログをオススメします。

確かにProに変更して独自ドメインを利用すると過去記事のURLが変わります。
ただし、過去記事へのアクセスも自動的にリダイレクトしてくれるので後々切り替えたとしても特にアクセス数が落ちることもありません。SEO的には確かにマイナスなのかもしれませんが。

個人的な目安として、毎日300PV程度のアクセスがあれば有料ブログに切り替えても収支に見合うと思います。

終わりに

私見ですが、アウトプットを意識して何かを学ぶ姿勢はとても重要と思っています。
ただしそれは必ずしもブログという形でなくてもよく、例えばノートにまとめたり同僚との勉強会で発表したりと色んな形があります。
もっと言えば、後者の方が(頭への定着率)/(かけた時間)はいい値が出るかもしれません。

そんなことを考えながら、それでもブログを書きたいという方がこの記事を見てくれていると思い、僭越ながらこんな感じだよという記事を投稿してみました。

特に収益周りは情報が少ないので丁寧に書きましたが、世の中に発信して反応があることは単純に楽しいです。

以上、参考になれば幸いです。

*1:個人用Wikiといいながらも全世界に発信されています。著作権の侵害や誹謗中傷は一発アウトなので、その点は入念に気をつける必要はあります

*2:Markdownの改行はbrタグ