(O+P)ut

OutPut Log by SE in SIer



(O+P)ut

Output Log By Engineer

【Linux】mountが失敗している状況で再起動すると起きる事象

IT部門書籍ランキング

仮定

あるファイルシステムのマウントが失敗している状況で

# mount -a
ERROR

機器がダウンしてOSが落ちてしまうと、次の起動時に色々と問題が起こります。
例えば、リモートログインができなくなります。

以下、環境の例です。

Linux Red HaT EnterPrise Linux Server release 7.5
補足 ESXiはvCenterで管理. ESXi上にRHELが仮想マシンとして存在

原因

mount処理をブート時に失敗し、Linuxがメンテナンスモードで起動されるため。

一時対応

vCenterからWebコンソールを起動し、boot.logから原因を特定します。

マウント失敗のみが原因であれば、
以下のマウント用ファイルを編集して再起動を行います。

/etc/fstab

以下、補足です。

補足

Linuxでは、直前のブート時のログを以下ディレクトリに保持しています。

# ls -l /etc/log/boot.log
-rw------- 1 root root XXX X月 XX XX:XX boot.log

ルートのみ読み込みが可能なファイルですが、機会があれば一度は見ておくことをお勧めします。

Linuxでは起動処理として以下の観点をチェックしながら進みます。

  • デバイス周り
  • ファイルシステム周り
  • ネットワーク周り

そこでエラーが発生すればメンテナンスモードとして機能制限された状態となり、例えばネットワークインターフェイスの設定が読み込まれなかったりします。

そんな場合は、vCenterにて該当の仮想マシンのサマリタブにある「Webコンソールの起動」を利用し、rootでログインします。

ログイン後に下記ファイルの中身を見てください。

cat /var/log/boot.log

左側に[ OK ]となっていない箇所があるかと思います。
その箇所が原因でメンテナンスモードで起動する旨がログファイルに記載されています。

今回は、/opt/のマウントが失敗していると仮定して話を進めます。

対応としては、一旦自動マウントをとめてしまいます。

該当のファイルシステムが/dev/fstabにて以下フォーマットで管理されています。

/dev/mapper/rhel-opt /opt/ xfs defaults 0 0

こちらのdefaultsの箇所がマウントのオプションを管理する列です。OSによって文法が異なりますので自動マウントしないよう設定してください。


修正が完了すると以下コマンドで再起動してください。

# systemctl reboot

ネットワーク周りの設定が正しく認識され、デバイスにIPアドレスが割り当てられて正常に起動しているかと思います。

以上、同様の事象が発生した方は参考にしてください。