(O+P)ut

OutPut Log by SE in SIer



(O+P)ut

OutPut Log by SE in SIer

【RHEL7】Go言語をインストールする

スポンサーリンク

目的

RHEL7でGolangを利用できる環境を用意する。

環境

Google Cloud Platform環境のVMインスタンス

$ cat /etc/os-release
NAME="Red Hat Enterprise Linux Server"
VERSION="7.6 (Maipo)"
$ arch
x86_64

手順

メディアのダウンロード/配置

GooglePlatformを利用しているのであれば、Google開発言語の一つであるGo言語をインストールしたいものです。

まずはGo言語のパッケージを以下の公式サイトよりダウンロードします。
https://golang.org/dl/
Linux / x86 ということで「goX.XX.X.linux-386.tar.gz」を選択します。

ターミナルを用いてサーバ上に配置します。

$ scp goX.X.X.linux-386.tar.gz X.X.X.X:~
goX.X.X.linux-386.tar.gz                                100%  104MB 722.0KB/s   02:28

サーバ上で/usr/lobal配下に展開しました。

$ sudo tar -C /usr/local -xzf goX.XX.X.linux-386.tar.gz

goディレクトリができています。

$ ls -d /usr/local/go
/usr/local/go

$ ls /usr/local/go
api      CONTRIBUTING.md  favicon.ico  misc     README.md   test
AUTHORS  CONTRIBUTORS     lib          PATENTS  robots.txt  VERSION
bin      doc              LICENSE      pkg      src

必要に応じて以下/usr/local/go/binにパスを通してください。

$ ls -l /usr/local/go/bin
total 30804
-rwxr-xr-x. 1 root root 12978959 ... go
-rwxr-xr-x. 1 root root 15441999 ... godoc
-rwxr-xr-x. 1 root root  3116782 ... gofmt
動作確認

パスを通せばgo とコマンド押下すれば利用できます。

ただし、環境によっては以下エラーメッセージが出る場合がります。

$ go version
-bash: /usr/local/go/bin/go: /lib/ld-linux.so.2: bad ELF interpreter: No such file or directory

必要なパッケージが不足しているのでyumコマンドでインストールします。

$ sudo yum install ld-linux.so.2
...
Running transaction
  Installing : nss-softokn-freebl-3.36.0-5.el7_5.i686                       1/2
  Installing : glibc-2.17-260.el7_6.3.i686                                  2/2
...

初めてyumコマンドを利用する場合はupdateしてから利用ください。

$ yum check-update

必要ファイルが揃えば
go versionでインストールしたGo言語のバージョンが表示されます。

$ go version
go version goX.XX.X linux/386
実行確認

実行確認用にhello.goファイルを用意しました。

実行するだけであれば以下で

$ go run hello.go
HelloWorld

コンパイル後に実行するのであれば以下となります。

$ go build hello.go
$ ls
hello  hello.go
$ ./hello
HelloWorld

以上、Linux環境にGo言語をインストールした際の備忘録でした。