(O+P)ut

OutPut Log by SE in SIer



(O+P)ut

Output Log by SE

【AIX】SMIT入門

スポンサーリンク

SMITとは?

AIXシステム管理ツールであるSMITはSystem Management Interface Toolの略です。

本記事では、SMITという用語を初めて聞いた方向けに入門記事を書いてみました。
SMITとはなんぞや、というところが掴めるよう分かりやすく記載しています。

SMITを起動して作業を行う

以下のパスにsmitコマンドがあります。権限も全てのユーザで実行できます。

$ which smit
/usr/bin/smit

$ ls -l /usr/bin/smit     
-r-xr-xr-x    1 bin      bin            1824 Jun 28 2010  /usr/bin/smit

ただしシステム管理ではrootに近い権限が必要なケースが多いので、必要に応じてユーザを切り替えて使用します。


smitコマンドを実行すると以下のような画面がターミナルに表示されます。

システム管理

カーソルを選択したい項目に移動して、ENTER キーを押してください。

  ソフトウェアのインストールおよび保守
  ソフトウェア・ライセンス管理
  エディションの管理
  デバイス
  システム記憶域管理 (物理および論理記憶域)
  セキュリティーとユーザー
  通信アプリケーションとサービス
  ワークロード・パーティション管理
  印刷スプーリング
  問題判別
  AIX 暗号フレームワークの管理
  パフォーマンスとリソース・スケジューリング
  システム環境
  プロセスとサブシステム
  アプリケーション
  インストール・アシスト
  SMIT の使用 (情報のみ)
            
F1=ヘルプ           F2=再表示           F3=取消             F8=イメージ
F9=シェル           F10=終了            ENTER=実行                  

画面にあるようにファンクションキーとキーボードの矢印で操作ができるのでコマンドの打ち間違いなどがないというメリットがあります。

試しに

デバイス>コンソール>コンソール・ログ・ファイルの表示

と進めて実行してみます。

すると以下のように表示されました。

コマンド: 失敗        stdout: あり        stderr: なし
コマンドが完了する前に以下に追加指示が表示される場合があります。
0526-002 alog: ファイル /var/adm/ras/conslog を開くことができませんでした。
考えられる原因:
        - このファイルが存在しない。
        - ユーザーに、このファイルに対する適切な権限がない。

これは一般ユーザで行ったためコマンドが失敗した旨が表示されています。
確かに該当ファイルの権限を確認するとrootユーザにのみ読み取り権限が設定されています。

$ ls -l /var/adm/ras/conslog
-rw--w----    1 root     system        XX X X /var/adm/ras/conslog

また、次回以降はコマンドやスクリプトで実行したい場合はF6キーでコマンドが表示できます。
今回の作業は以下のようなコマンドが表示されました。

  |   コマンド文字列の表示                           
  |   alog -t console -o                                                         

なお、入力を求められる画面にて「*」は必須項目、「#」は数字、「/」はパスを意味することも合わせて覚えておくと良いです。

作業ログ

SMITで画面上で作業を行うとログがどこに残るのか気になりますが、デフォルトでは実行ユーザのホームディレクトリ配下に以下のファイルが作成されます。

  • smit.log(表示された画面情報ログ)
  • smit.script(実行されたAIXコマンドログ)
  • smit.transaction(実行したコマンドの日付、説明、コマンドログ)

ちなみにsmitコマンドの実行時の引数にて出力先は変更可能です。

画面が乱れている場合

TERM変数を明示的に指定するとうまく表示されることがあるようです。
現在設定されている端末の情報はechoコマンド等で確認してみてください。

以下が例です。

$ echo $TERM
xterm-256color

終わりに

本記事では、AIXのシステム管理ツールであるSMITについて簡単に紹介しました。
省力化の観点でコマンドベースで作業を行うケースが多いですが、場合によっては使用するケースもあるので触ってみることをお勧めします。

以上、SMITの入門記事でした。


他の記事を読む