(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

Output Log

【HMC】DHCP用のイーサネットポートの位置確認方法

スポンサーリンク

事象

HMCと管理対象サーバで接続ができない。

環境情報
  • Hardware Management Console(7063CR1)

原因調査方法

一般的に管理対象サーバーとHMCのイーサネット接続は、HMC筐体側のeth0として定義されたイーサネットポートを使用して行います。が、イーサネットの設計によってはeth0ではなくeth1にすることも可能です。

よって事象の問題切り分けのためにHMC側にてどのethXがDHCPポート用に設定されているかを確認し、管理対象サーバと接続します。その際に、ポート挿し口がどのethXに対応しているのかを判定するためにHMCの画面にてネットワークポートのカウントアップ(通信が発生する度に数値が増える)を確認するのがポイントです。

上記が把握できれば(どのethXが筐体との通信用でありそのポートの物理的な場所がどこにあるのか)あとは所定のスイッチポートにイーサネットケーブルを接続して通信を行えば接続ができます。

補足

制限付きコンソールを開けばLinuxライクに実機の情報が確認できます。

$ cat /etc/os-release
NAME="IBM Linux"
VERSION="x (hmcx_xp)

よって/var/log/messagesを見ればイーサネットポートの抜き差しは以下メッセージにて確認できます。

kernel: xxx eth0: NIC Link is Down
kernel: xxx eth0: NIC Link is Up, 1000 MBps Full Duplex, Flow Control: None

以上、ご参考になれば幸いです。


他の記事を読む