(O+P)ut

OutPut Log by SE in SIer



(O+P)ut

Output Log by SE

【BluePrism】画面をスクロールする

スポンサーリンク

BluePrismで画面スクロール

BluePrismとはフローを作成しながら自動化したい作業を実現していくRPAツールで、GUIの操作対象をApplication ModellerのElementとして一意に特定し、操作を行います。

本記事ではGUI操作の一つである「画面スクロール」をウェブブラウザで実現した流れについて記載します。

実現方法

ページをオープンした際に画面に存在し、入力ボックス等の文字操作をうけつけない箇所をElementXとしてIdentifyで特定します。

そのElementXを操作対象とするNavigateを作成して以下の操作を行います。

Element Params Action Inputs Set
ElementX Global Send Keys Yes

Input欄には

Name Datatype Value
Text Text "{DOWN}"

こちらを実行すればキーボードで「スペースキー」を押下したのと同じ動きをします。

ちなみに

"{DOWN}"

の箇所を

"{PGDN}"

とすればページの最下部に行きます。こちらも便利です。

このようなキーは特殊キーと呼ばれ、{}で囲んで入力します。

以下によく使うキーの対応を記しておきます。

バックスペース {BS}
デリート {DEL}
下スクロール {DOWN}
上スクロール {UP}
ページDOWN {PGDN}
ページUP {PGUP}

終わりに

SikuliXでは以下コマンドで細かくスクロール幅を調整できるのですがBluePrismではそのような調整を行う機能はあるのでしょうか。

wheel("XXX.png",WHEEL_DOWN, 10)

ご存知の方はお知らせいただけますと幸いです。

以上、BluePrismの画面スクロールについて、でした。


他の記事を読む