(O+P)ut

アウトプット



(O+P)ut

OutPut Log

【AIXチートシート】情報収集用コマンド

スポンサーリンク

よく利用するものをまとめました。
最新情報は公式サイトを確認ください。(参照系なので悪影響は起きにくいですが)

AIX系情報収集コマンド

リソース情報

以下コマンドにて

$ lsconf
  • マシンタイプ
  • プロセッサ
  • メモリ
  • ディスク
  • ファームウェア

情報が確認できます。

スロット構成

以下のcオプションはConnectorTypeを指定していて、区画に割り当てられたPCI Host Bridgeを表示しています。

$ lsslot -c phb

ディスク

システムにデバイスを追加します。 以下にて確認します。

$ lsdev -Cc disk

ディスクが「定義済み」を「使用可能」に変更したければシステムにデバイスを追加するmkdev -l を用います。

OS情報

$ oslevel -s

以下にてカーネルがアクティブか否かが確認できます。

$ bootinfo –K

エラー情報

エラーレポートを作成して表示します。

$ errpt -a

ただし初の再起動時は

Resource tested : sysplanar0
Resource Description : システムプレーナー
SRC : B150FD02

上記が表示される場合があります。

タイムゾーン

$ echo $TZ

このあたりはsmitty chtzで変更できます。(反映にshutdown -Frが必要な場合があります)

キーボード

パイプ等でよく利用する「|」が出るか確認します。

出ない場合はsmitty chkbdにて/usr/lib/nls/loc/Ja_JP@alt.lftkeymap等にする必要があります。

ファームウェア

$ lsmcode -c

現在のファームレベルと永続ファームレベルが表示されます。

終わりに

初期構築で利用されるものですが、都度追加していきます。


他の記事を読む