(O+P)ut

(O+P)ut = OutPut



(O+P)ut

Output Log by SE

【iPad用アプリ】AdobeScanでインプットの効率を上げる

スポンサーリンク

はじめに

デジタルコンテンツの消費に重宝しているiPadですが、最近アナログコンテンツの活用にも利用しています。

具体的には、書籍の電子化からの手書きノート化です。

本記事では、この前段で利用し書籍の電子化をフォローしてくれるAdobeScanを紹介します。

Adobe Scanについて

AppleStoreの無料アプリとしてインストールできます。

以下が公式のアプリ説明。

領収書やメモ、文書、写真、名刺、ホワイトボードなど、あらゆるものを、再利用可能なテキストを含む Adobe PDF に変換できます。

主な機能は以下の3点です。

  • 境界線を自動検出し自動撮影
  • テキストを自動抽出
  • シワや汚れのクリーンアップ機能

特に自動撮影がストレスレスです。いちいちシャッターを押す必要がないので、複数ページをまとめて撮りたい時には特に重宝する機能です。

下記は実際のiPadの画面ですが、撮影まではタッチしていません。

おまけ:NoteShelfに取り込む

有料のアプリですが、NoteShelfに取り込むとさらにデータを便利

撮影したデータは以下の左端のアイコンをクリックすることで共有メニューが出てきます。

共有先を選べば

以下のように取り込んだデータに手書きのメモを残せます。

終わりに

個人的にですが、難しい書籍などではなくて観光地のガイドブック等のページに対してよく利用しています。気になるページを取り込めば現地へ持っていく荷物も減りますし、書き込めばより頭の整理にもなります。

iPadをお持ちの方は、ぜひお試しください。


他の記事を読む